« 断章的に。温泉ヶ岳・大山、エボシ山(東丹沢登山詳細図踏査)・石砂山(高尾登山詳細図踏査) | トップページ | 高千穂峰ふたたび・栗野岳と南洲館の泥湯(後篇) »

高千穂峰ふたたび・栗野岳と南洲館の泥湯(前篇)

Krs1


南九州の山に登る機会は突如として訪れる。鹿児島県に姻戚関係が出来たお陰で、用事が出来ると飛行機に搭乗して出掛ける為の算段をする。何の縁も無かった頃は果てしなく遠いと云う印象だった南九州だが、航空券も探すと存外に廉価であり、飛行機なので当然所要時間も短い。そのような訳で、登山に傾倒してからの鹿児島訪問はプランニングの妙で、此れ迄も開聞岳や霧島ジオパークを堪能してきた。

今回は閑散期とは云えない7月20日に訪薩することになったが、22日の午後から自由の身となり、23日の夕刻に溝辺鹿児島空港を発つ飛行機に搭乗し、帰京すればよいことになった。さてどうしよう。どの山に登るのか。思案の方向性が定まらないくらいに私は自由であるが、霧島連山の都合は私に合わせては呉れない。

霧島連山を本格的に歩いた四年前のことを思い出し、ふたたび秘湯の新湯温泉新燃荘に宿泊する、と云う目的を設定して計画を構築しようと考えた。しかし、2018年3月6日、新燃岳は爆発的噴火を起こし、周辺は立ち入り規制が敷かれていた筈である。三ヶ月が経過して、噴火状態は、やや落ち着いてきたように思えるが、新燃荘を調べてみると、リニューアルの為に休館、となっている。新燃岳爆発的噴火と無関係であるとは考えにくいがどうしたことか。いずれにしても泊まれないのでは仕方が無い。

新燃荘に宿泊して登山のプランが成立すれば、此れ迄の経験が生きてくる。いわさきグループの高速バス、メモリーラインにも乗ってあげたいし、連山周遊バスの接続がよいので、公共交通機関だけで霧島連山の懐深くに入っていける。しかし、肝心の霧島連山周遊バスが運行しているのかどうかさえ定かではない。何しろ7月17日の時点で、新燃岳は勿論のこと、韓国岳から硫黄岳と云うメジャールートの登山道も入山規制が掛かっている。ただでさえ閑古鳥の鳴いていた連山周遊バスが、此れ幸いと運休しているのは想像に難くない。調べてみると、果たして其の通りであった。

Kirishima_ol

2018/7/22
高千穂河原(15:30)---御鉢砂礫道始点(16:00)---御鉢(16:35)---高千穂峰(17:20)---高千穂河原(18:25)

鹿児島市内の繁華街、天文館に市電から降り立つと、周囲の光景は全く日常的では無い。交通規制の警官隊が立ち並んでいる車道から、賑わうアーケード街に入ると、神輿の隊列が行進してくる。今日が鹿児島の祇園祭り「おぎおんさあ」の本祭の日であり、あに図らんや、私は三千人が練り歩くご神幸行列の真っ最中に、天文館へやってきたことを知る。

其れでも予定通りに、お目当ての鹿児島ラーメンを食した後、空港行きのバス乗り場に向かうが、折りしも女神輿の行列がやってきて周囲は更に群衆の坩堝となってしまい、なかなかアーケード街を抜け出せない。女神輿は壮観なのでついつい私も見入ってしまい、バス時刻迄はあと数分しか無いことに気付き、慌てて人波を掻き分けるようにして、旧林田ホテル跡地方面に急いだ。

しかし、電車通りの空港バス乗り場にバスの姿は無く、代わりに本祭開催の15時迄の臨時バス停の案内が掲示されてあった。其の場所は2ブロック程先のビル街の路上に在ることを認識したが、気が動転している私は、どの方角に行けばいいのか判らなくなってしまった。茫然と周辺を見回す私は視線を感じて振り返る。若い女性が心配そうに私を眺めているので、懸案の臨時バス停の方角を尋ねると、我が意を得たりと云う感じで丁寧に教えて呉れた。

鹿児島弁は荒っぽい九州弁のイメージと異なり、抑揚が柔らかく、特に女性が喋っているのを聞くのは心地好い。概して早口の人は少ないようにも感じる。此の親切な女性も例外ではなく、2ブロック先の方角を教えて呉れるが、曲がり角の目印となるビルの名前は何だったっけと、一所懸命に思い出そうとしているので、此の儘ではバスが発車してしまいそうである。私は血眼になって彼女の親切に謝意を伝えると、踵を返しキャリーカートを引き摺った儘走り出した。乗り込んだ途端にバスは発車して、予定通りの時刻に、私は溝辺鹿児島空港に降り立った。

公共交通機関の霧島連山周遊バスは動いておらず、宿泊するに値する新燃荘は閉館中である。私は今回のトレッキング計画を、レンタカー利用することにして、事前に予約していた。午後二時に空港で車を借り、二十四時間後に返却すると、明日の搭乗時刻の二時間前になるので丁度良い。車中泊は霧島神宮と丸尾温泉の間に「道の駅霧島」があるので問題は無く、丸尾には御馴染みの前田温泉があり、コンビニエンスストアも終日営業しているので、食糧その他の調達にも不自由しない。極めて合理的な行程である。

其れで、どの山に登るのかと云う問題が残るが、此れは選択肢が少ない。大浪池や白鳥山には行けそうだが、入山規制エリアに程近いので気後れがする。登山開始時刻は遅いが、二回目の高千穂峰に登ることにした。慣れない車の運転席に座り、私はカーナビゲーション・システムの目的地を高千穂河原に設定して走り出した。トヨタヴィッツは路線バスのルートは取らず、国分方面に向かって勾配を下り続けた。日豊本線に沿って霧島神宮駅前の信号を左折すると、ふたたび勾配を登り返していく。

霧島神宮の手前で右折して、鬱蒼とした木立の中の細い道に入ると、勾配は増していった。エンジン音が喘ぐようになり、地元のFM放送も受信が覚束なくなっていく。エアコンを消して窓を開けると、国分のコンビニエンスストアで休憩した時の猛暑が昔のことのように思える程、心地好い天然の冷風が飛び込んできた。急勾配の蛇行する痛んだ舗装路を走り続けて、霧が深くなってきたと思うと、眼前に駐車場の入口が現われた。空港から凡そ一時間で、標高960mの高千穂河原に到着した訳で、恐るべきは車の便利さである。

下界は晴天の猛暑だったが、高千穂河原は霧に覆われている。駐車料金を支払い、車中で登山姿に着替え、私は少し気忙しい意識の儘、歩き出した。霧島古宮址の前に立つと、曇天の儘に視界は開ける。程無く雨粒が落ちてきて、私は社務所の軒先に避難した。此の儘降り続いたらどうしよう。真夏の日の午後四時に近い時刻は、其れ程慌てるような状況では無いが、コースタイムで往復三時間強の行程である。余り滞留していると暗中に下山しなくてはならない。時間に追われる必要は無いけれども、雨に打たれて出発する気分でもない。

Krs2

雨は程無く小降りになり、私は曖昧な気分の儘にふたたび歩き出した。自然研究路の木道を登り、高千穂峰の道標を左折して、御鉢の姿が現われる。背後の空から雲が流れ、眩いくらいの青空が出現したので驚いた。真夏の日の午後四時である。先程の曇天から、時間が逆戻りしたかのように周囲が明るくなった。

赤い砂礫の斜面。四年前に登った御鉢の山肌の印象は強く、火口縁の輪郭は直ぐ其処に見えるのに、なかなか辿り着けなかったのを思い出す。天候は回復し、時間に追われることも無い。私は一歩ずつを味わうようにして、ゆっくりと登り続けた。下山者と挨拶を交わしつつ、新燃岳方面を眺めると、青空の下で火口に白い雲が纏わりついている。緑に覆われた山肌は、噴火中の荒涼とした山と云うことを忘れてしまいそうな、穏やかな風情だった。

Krs3

無心に登り続けていた所為か、疲労感は殆ど感じないでいたが、僅か十数分で青空は姿を消し、砂礫の斜面は次第に霧に覆われていった。振り返り麓を見おろすと、高千穂河原ビジターセンターがゆっくりと霧の向こうに消えていく。其の霧の中から、意外なことに人影がふたつ出現した。トレイルランニング姿の男女ふたり組は、瞬く間に私を追い越し、声を掛けながら霧の中に消えていった。女性はトレランとはいえ、余りにも薄着で肌を露出しているので面食らった。

霧と風の蠢く御鉢の火口縁の端に到達し、折り重なっている巨岩の陰に隠れるようにして休憩した。高千穂峰の姿はおろか、御鉢の火口底も全く見えない。目まぐるしく変化する天候と云うか、雲の動きに翻弄されて、私は茫然と空を見上げる。雨が降らないといいな、と云うくらいの想念しか浮かばなかった。諦念とともに立ち上がり、火口縁に沿って歩き始める。馬の背の明瞭な踏路で、大河ドラマ「西郷どん」のオープニング映像が浮かんでくる。撮影隊は歩いて此処迄来たのだろうか、などと考えながら、四年前に歩いた時の壮大な景観を思い浮かべながら歩いていた。

Krs4

濃霧は恒常化して、背門丘に下る木段は足元しか見えない。鞍部の鳥居に手を合わせて、高千穂峰本体の斜面に設置された木段を、黙々と登り続けた。くだんのトレランふたり組が、もう下山してくるのと擦れ違った。女性はウィンドブレーカーも纏わず、相変わらずの姿で、ややバランスに欠いた足取りで下っていった。木段を登りきると、見覚えのある掲揚台と、鳥居の向こうに佇立している天逆鉾が薄っすらと浮かんでいる。二回目の高千穂峰の登頂は、またもや眺望の無い霧の中であった。


追記

荒天の山頂は所在が無いので、廃れた様子の避難小屋に入り休憩する。内部は高千穂山頂小屋と記された立派な看板と、休憩料五百円を入れよと記した骨董品のような箱が壁に掛けてあった。日めくりカレンダーがきちんと本日の日付になっていたのは、登頂者の所作に拠るものかもしれない。

高千穂河原に下山。ビジターセンターは既に閉館し、駐車場の料金所も店じまいとなっていた。身支度を整えると午後七時で、県道104号に入ると霧はいよいよ深くなり、薄暮の中を徐行しながら車を走らせた。丸尾温泉に下り始めると霧が晴れて、無事に前田温泉に入湯。コンビニで麦酒と夕食を購入し、すっかり暗くなって道の駅に到着した。車中泊者の数は想像以上に多く、夜半に掛けて、駐車場の半分くらいが埋まってしまった。「道の駅霧島」は山上に在るので油断していたが、就寝中に蚊に悩まされる。車中泊に関しては、防虫対策が今後の課題となった。
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

« 断章的に。温泉ヶ岳・大山、エボシ山(東丹沢登山詳細図踏査)・石砂山(高尾登山詳細図踏査) | トップページ | 高千穂峰ふたたび・栗野岳と南洲館の泥湯(後篇) »

南九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高千穂峰ふたたび・栗野岳と南洲館の泥湯(前篇):

« 断章的に。温泉ヶ岳・大山、エボシ山(東丹沢登山詳細図踏査)・石砂山(高尾登山詳細図踏査) | トップページ | 高千穂峰ふたたび・栗野岳と南洲館の泥湯(後篇) »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック