« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

高千穂峰ふたたび・栗野岳と南洲館の泥湯(前篇)

Krs1


南九州の山に登る機会は突如として訪れる。鹿児島県に姻戚関係が出来たお陰で、用事が出来ると飛行機に搭乗して出掛ける為の算段をする。何の縁も無かった頃は果てしなく遠いと云う印象だった南九州だが、航空券も探すと存外に廉価であり、飛行機なので当然所要時間も短い。そのような訳で、登山に傾倒してからの鹿児島訪問はプランニングの妙で、此れ迄も開聞岳や霧島ジオパークを堪能してきた。

今回は閑散期とは云えない7月20日に訪薩することになったが、22日の午後から自由の身となり、23日の夕刻に溝辺鹿児島空港を発つ飛行機に搭乗し、帰京すればよいことになった。さてどうしよう。どの山に登るのか。思案の方向性が定まらないくらいに私は自由であるが、霧島連山の都合は私に合わせては呉れない。

霧島連山を本格的に歩いた四年前のことを思い出し、ふたたび秘湯の新湯温泉新燃荘に宿泊する、と云う目的を設定して計画を構築しようと考えた。しかし、2018年3月6日、新燃岳は爆発的噴火を起こし、周辺は立ち入り規制が敷かれていた筈である。三ヶ月が経過して、噴火状態は、やや落ち着いてきたように思えるが、新燃荘を調べてみると、リニューアルの為に休館、となっている。新燃岳爆発的噴火と無関係であるとは考えにくいがどうしたことか。いずれにしても泊まれないのでは仕方が無い。

新燃荘に宿泊して登山のプランが成立すれば、此れ迄の経験が生きてくる。いわさきグループの高速バス、メモリーラインにも乗ってあげたいし、連山周遊バスの接続がよいので、公共交通機関だけで霧島連山の懐深くに入っていける。しかし、肝心の霧島連山周遊バスが運行しているのかどうかさえ定かではない。何しろ7月17日の時点で、新燃岳は勿論のこと、韓国岳から硫黄岳と云うメジャールートの登山道も入山規制が掛かっている。ただでさえ閑古鳥の鳴いていた連山周遊バスが、此れ幸いと運休しているのは想像に難くない。調べてみると、果たして其の通りであった。

Kirishima_ol

2018/7/22
高千穂河原(15:30)---御鉢砂礫道始点(16:00)---御鉢(16:35)---高千穂峰(17:20)---高千穂河原(18:25)

鹿児島市内の繁華街、天文館に市電から降り立つと、周囲の光景は全く日常的では無い。交通規制の警官隊が立ち並んでいる車道から、賑わうアーケード街に入ると、神輿の隊列が行進してくる。今日が鹿児島の祇園祭り「おぎおんさあ」の本祭の日であり、あに図らんや、私は三千人が練り歩くご神幸行列の真っ最中に、天文館へやってきたことを知る。

其れでも予定通りに、お目当ての鹿児島ラーメンを食した後、空港行きのバス乗り場に向かうが、折りしも女神輿の行列がやってきて周囲は更に群衆の坩堝となってしまい、なかなかアーケード街を抜け出せない。女神輿は壮観なのでついつい私も見入ってしまい、バス時刻迄はあと数分しか無いことに気付き、慌てて人波を掻き分けるようにして、旧林田ホテル跡地方面に急いだ。

しかし、電車通りの空港バス乗り場にバスの姿は無く、代わりに本祭開催の15時迄の臨時バス停の案内が掲示されてあった。其の場所は2ブロック程先のビル街の路上に在ることを認識したが、気が動転している私は、どの方角に行けばいいのか判らなくなってしまった。茫然と周辺を見回す私は視線を感じて振り返る。若い女性が心配そうに私を眺めているので、懸案の臨時バス停の方角を尋ねると、我が意を得たりと云う感じで丁寧に教えて呉れた。

鹿児島弁は荒っぽい九州弁のイメージと異なり、抑揚が柔らかく、特に女性が喋っているのを聞くのは心地好い。概して早口の人は少ないようにも感じる。此の親切な女性も例外ではなく、2ブロック先の方角を教えて呉れるが、曲がり角の目印となるビルの名前は何だったっけと、一所懸命に思い出そうとしているので、此の儘ではバスが発車してしまいそうである。私は血眼になって彼女の親切に謝意を伝えると、踵を返しキャリーカートを引き摺った儘走り出した。乗り込んだ途端にバスは発車して、予定通りの時刻に、私は溝辺鹿児島空港に降り立った。

公共交通機関の霧島連山周遊バスは動いておらず、宿泊するに値する新燃荘は閉館中である。私は今回のトレッキング計画を、レンタカー利用することにして、事前に予約していた。午後二時に空港で車を借り、二十四時間後に返却すると、明日の搭乗時刻の二時間前になるので丁度良い。車中泊は霧島神宮と丸尾温泉の間に「道の駅霧島」があるので問題は無く、丸尾には御馴染みの前田温泉があり、コンビニエンスストアも終日営業しているので、食糧その他の調達にも不自由しない。極めて合理的な行程である。

其れで、どの山に登るのかと云う問題が残るが、此れは選択肢が少ない。大浪池や白鳥山には行けそうだが、入山規制エリアに程近いので気後れがする。登山開始時刻は遅いが、二回目の高千穂峰に登ることにした。慣れない車の運転席に座り、私はカーナビゲーション・システムの目的地を高千穂河原に設定して走り出した。トヨタヴィッツは路線バスのルートは取らず、国分方面に向かって勾配を下り続けた。日豊本線に沿って霧島神宮駅前の信号を左折すると、ふたたび勾配を登り返していく。

霧島神宮の手前で右折して、鬱蒼とした木立の中の細い道に入ると、勾配は増していった。エンジン音が喘ぐようになり、地元のFM放送も受信が覚束なくなっていく。エアコンを消して窓を開けると、国分のコンビニエンスストアで休憩した時の猛暑が昔のことのように思える程、心地好い天然の冷風が飛び込んできた。急勾配の蛇行する痛んだ舗装路を走り続けて、霧が深くなってきたと思うと、眼前に駐車場の入口が現われた。空港から凡そ一時間で、標高960mの高千穂河原に到着した訳で、恐るべきは車の便利さである。

下界は晴天の猛暑だったが、高千穂河原は霧に覆われている。駐車料金を支払い、車中で登山姿に着替え、私は少し気忙しい意識の儘、歩き出した。霧島古宮址の前に立つと、曇天の儘に視界は開ける。程無く雨粒が落ちてきて、私は社務所の軒先に避難した。此の儘降り続いたらどうしよう。真夏の日の午後四時に近い時刻は、其れ程慌てるような状況では無いが、コースタイムで往復三時間強の行程である。余り滞留していると暗中に下山しなくてはならない。時間に追われる必要は無いけれども、雨に打たれて出発する気分でもない。

Krs2

雨は程無く小降りになり、私は曖昧な気分の儘にふたたび歩き出した。自然研究路の木道を登り、高千穂峰の道標を左折して、御鉢の姿が現われる。背後の空から雲が流れ、眩いくらいの青空が出現したので驚いた。真夏の日の午後四時である。先程の曇天から、時間が逆戻りしたかのように周囲が明るくなった。

赤い砂礫の斜面。四年前に登った御鉢の山肌の印象は強く、火口縁の輪郭は直ぐ其処に見えるのに、なかなか辿り着けなかったのを思い出す。天候は回復し、時間に追われることも無い。私は一歩ずつを味わうようにして、ゆっくりと登り続けた。下山者と挨拶を交わしつつ、新燃岳方面を眺めると、青空の下で火口に白い雲が纏わりついている。緑に覆われた山肌は、噴火中の荒涼とした山と云うことを忘れてしまいそうな、穏やかな風情だった。

Krs3

無心に登り続けていた所為か、疲労感は殆ど感じないでいたが、僅か十数分で青空は姿を消し、砂礫の斜面は次第に霧に覆われていった。振り返り麓を見おろすと、高千穂河原ビジターセンターがゆっくりと霧の向こうに消えていく。其の霧の中から、意外なことに人影がふたつ出現した。トレイルランニング姿の男女ふたり組は、瞬く間に私を追い越し、声を掛けながら霧の中に消えていった。女性はトレランとはいえ、余りにも薄着で肌を露出しているので面食らった。

霧と風の蠢く御鉢の火口縁の端に到達し、折り重なっている巨岩の陰に隠れるようにして休憩した。高千穂峰の姿はおろか、御鉢の火口底も全く見えない。目まぐるしく変化する天候と云うか、雲の動きに翻弄されて、私は茫然と空を見上げる。雨が降らないといいな、と云うくらいの想念しか浮かばなかった。諦念とともに立ち上がり、火口縁に沿って歩き始める。馬の背の明瞭な踏路で、大河ドラマ「西郷どん」のオープニング映像が浮かんでくる。撮影隊は歩いて此処迄来たのだろうか、などと考えながら、四年前に歩いた時の壮大な景観を思い浮かべながら歩いていた。

Krs4

濃霧は恒常化して、背門丘に下る木段は足元しか見えない。鞍部の鳥居に手を合わせて、高千穂峰本体の斜面に設置された木段を、黙々と登り続けた。くだんのトレランふたり組が、もう下山してくるのと擦れ違った。女性はウィンドブレーカーも纏わず、相変わらずの姿で、ややバランスに欠いた足取りで下っていった。木段を登りきると、見覚えのある掲揚台と、鳥居の向こうに佇立している天逆鉾が薄っすらと浮かんでいる。二回目の高千穂峰の登頂は、またもや眺望の無い霧の中であった。


追記

荒天の山頂は所在が無いので、廃れた様子の避難小屋に入り休憩する。内部は高千穂山頂小屋と記された立派な看板と、休憩料五百円を入れよと記した骨董品のような箱が壁に掛けてあった。日めくりカレンダーがきちんと本日の日付になっていたのは、登頂者の所作に拠るものかもしれない。

高千穂河原に下山。ビジターセンターは既に閉館し、駐車場の料金所も店じまいとなっていた。身支度を整えると午後七時で、県道104号に入ると霧はいよいよ深くなり、薄暮の中を徐行しながら車を走らせた。丸尾温泉に下り始めると霧が晴れて、無事に前田温泉に入湯。コンビニで麦酒と夕食を購入し、すっかり暗くなって道の駅に到着した。車中泊者の数は想像以上に多く、夜半に掛けて、駐車場の半分くらいが埋まってしまった。「道の駅霧島」は山上に在るので油断していたが、就寝中に蚊に悩まされる。車中泊に関しては、防虫対策が今後の課題となった。
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

断章的に。温泉ヶ岳・大山、エボシ山(東丹沢登山詳細図踏査)・石砂山(高尾登山詳細図踏査)

温泉ヶ岳

友人の磨砥井君他二名との恒例のキャンプは、曾遊の地と云っていい、奥日光湯元温泉と決まったので、例によって磨砥井君の愛車に同乗して早朝、中禅寺湖畔に到着した。日光連山は未踏の太郎山や山王帽子山などに食指が動くものの、友人の登山意欲は相変わらず減退しているようで、嘆かわしい限りである。仕方なく朝飯前程度の行程を提案して了承された。車で金精トンネル迄登ると、既に男体山を中心とした鳥瞰図的な展望が広がっている。標高1800mを越えているのでさもありなんである。

Yusen1_2

2018/5/26
金精トンネル出口(8:10)---金精峠(8:45)(9:00)---温泉ヶ岳分岐(9:55)---温泉ヶ岳(10:05)---金精峠(11:20)---金精トンネル出口(12:00)

温泉ヶ岳と書いて、ゆせんがたけ、と読む。金精トンネルの脇に駐車場が設えてあり、其処から登山道は急峻を辿っていた。磨砥井君は七分丈のパンツにローカットシューズで、完全に山を舐めきった装いであった。此れは後になって彼を難渋させることになったので、私の溜飲は下がった。

ロープ迄出現する厳しい傾斜を経て、金精峠に達する。荒々しい風情の金精山に往復してもよいが、足元悪い危険マークが登山地図に記されているので、友人に気遣い、温泉ヶ岳迄とした。丸沼と奥日光を挟んで北上し、根名草山と云う名前の良い山を経て奥鬼怒温泉郷に至る山稜には云い得ぬ魅力を感じるが、今日は其の序章を垣間見ると云う風な行程であった。

Yusen2

等高線の幅が狭い温泉ヶ岳への登りは、しっかりした登山道がジグザグに展開され、歩き易いが、山頂近い処になると針葉樹林帯となり、残雪が思った以上に深い。軽装の磨砥井君は積雪を見て逡巡する様子が察せられた。七分丈のパンツにローカットシューズの姿では、心細いようである。私は知らんぷりをして、縦走路から分岐する温泉ヶ岳方面の道標を確認して、更に深い積雪の道に侵入していった。

私にしたところでローカットシューズには変わりは無いが、ストレッチスパッツを装着しているので不安は無い。軽アイゼンも携行していたが、使用する迄もなく、キックステップで道を作っていくと、背後から友人が其れを踏んでなんとか登って来る。

思いがけぬ雪に難渋している途上で、下山してくる壮年夫妻と擦れ違った。予定はもう少し先迄だったが此処で引き返すと云う夫妻と少しだけ談笑してから、程無く温泉ヶ岳の頂上に達した。奥鬼怒へ至る山稜を見渡し、念仏平避難小屋も目視できる。其の向こうに、燧ケ岳も顔を出す展望のよい山である。東方を眺めると、今迄見たことの無かった刈込湖と切込湖が森の中に浮かぶようにしているのが見渡せる。其の背後は太郎山と山王帽子山である。登ってみたかった山々が直ぐ其処に鎮座していた。

Yusen3

金精峠に戻り、ひと休みで駐車場に帰還。全く物足りない行程であったが止むを得ない。湯元温泉キャンプ場で全員が集合し、その後は入湯して延々と酒宴が続き、安定した天候の儘、一夜が過ぎた。翌朝は、我が友人達のハイキング意欲が殆ど無いのを確認したので、未訪だった興味深い温泉寺に入湯。源泉に隣接した温泉寺の湯は吃驚するほど熱かった。

Photo

..........................................................................................................................................................................................

..
大山・エボシ山(東丹沢登山詳細図踏査)

2018/6/7
ヤビツ峠---イタツミ尾根---大山---不動尻分岐---見晴台---エボシ山---見晴台---新阿夫利神社下社---男坂---大山ケーブル駅---大山ケーブルバス停

Oyama1

「登山詳細図」の東丹沢版が改訂されることになり、大山周辺の確認踏査に参加した。世話人氏とMNさんと私の三人のメンバーで、此れは「日向山、天神尾根界隈・登山詳細図踏査隊と歩く」の時以来なのでとても懐かしい。過去の記述を確認すると、六年前のことであり、歳月の流れの速さに驚く。

ヤビツ峠から大山山頂迄は三人で登り、私は不動尻分岐から見晴台に至る、雷ノ峰尾根を下る。標高770m付近の東屋の在る見晴台を、「雷ノ峰」と呼ぶらしい。雷ノ峰から南の尾根を下った処に雷神社があるので首肯できる山名である。

其の雷ノ峰の東屋で地元の方(元地質学の先生だったとのこと)と話し込んでしまいやや長い休憩となり、其の儘尾根を下り続けて、地蔵が祀られた地点から尾根を東南方向に分け入る。標高653.3mのエボシ山は植林に囲まれた何の感興も湧かないピークであった。
引き返して二重滝を経由して阿夫利神社に出ると、丁度よく世話人氏と合流した。其の儘ふたりで男坂を計測し、女坂方面から帰還したMNさんと共に大山ケーブル駅からバス停迄の道は長かった。

世話人氏は、エボシ山に山蛭が居たかと云うことを気にしていたが、私は目撃していない。丹沢の鹿の駆除が進んでおり、山蛭も減少していると云う。六年前の山蛭から逃げ廻った踏査のことを思い出しながら歩いていると、やがて灼熱の舗装路に出た。大山ケーブルバス停にあるトイレで着替えを済ませて、伊勢原駅から少し離れた処に在る、昼間から開店している九州料理の居酒屋で酒宴。

Oyama2

億劫で滅多に訪れなくなった丹沢界隈だったが、「新版東丹沢登山詳細図」の一助になれて嬉しい限りである。新版は折り畳んだ状態がコンパクトになり、更に使い易くなっている。等高線が読み易いルート図は地形図いらずで、読図の出来るハイカーは賛同できる内容の登山地図と云えるだろう。
............................................................................................................................................................................................

石砂山(高尾登山詳細図踏査)

2018/7/11
伏馬田入口バス停---石砂山---北西・北の尾根---県道517---藤野やまなみ温泉

相模湖駅から三ケ木(みかげ)に。乗り換えの7時40分発、月夜野行きバスは、此れを逃すと二時間以上無いので絶対に逃せない、焼山登山口から蛭ヶ岳に登る者には御馴染みのバスである。世話人氏とふたりで着実に乗車し、私はひとりで伏馬田入口バス停と云う処で下車した。伏馬田は「ふすまだ」と読み、いにしえの城下町のようだが、私は一路、石砂山に向かう東海自然歩道に向かう。

「登山詳細図」の定番、「高尾山登山詳細図」もリニューアル。其の確認踏査でやってきているのだが、此れ迄掲載されていなかった石老山、石砂山迄を網羅すると云うことで、完成が楽しみである。石老山は過去に子供を連れて登ったことがあるが(奇岩の数々が愉しく、相模湖を見下ろす展望のよい登山道だった)、石砂山は未踏である。公共交通機関利用では計画しにくい伏馬田からの入山は、先ず思いつかない行程であるので、此れも踏査ならではの趣である。

道志川を渡り、酷暑の中で舗装路を登り返す。伏馬田集落から東海自然歩道に入るが、暫くは鬱蒼とした樹林帯をトラバース気味に辿る。尾根に乗ると呆気なく稜線に到達する。途中に伐採地があり、猛烈な直射日光を浴びる。此の日は最高気温34度の真夏日で、既に全身を倦怠感が覆っている。其の伐採地で、小動物が列をなして歩いているから幻視かと思ったが、よく見るとタヌキの親子連れだった。

北西から登っていく伏馬田コースは、石砂山を直登せずに、左手にトラバースして鞍部に乗り、東に折り返していく。間も無く到着した石砂山の頂上には誰も居ない。木製テーブルとベンチは木陰になっていたので、心地好く過ごすことができた。青野原バス停で下車し、東の尾根を踏査して登って来る世話人氏を待つことになるが、私の辿ってきたコースよりも距離は長く、所謂バリエーションルートでもあるので時間が掛かるのは必定で、私は暑さで疲弊した身体をベンチに横たえる。其の儘少し眠ってしまったようで、気が付くと頭がすっきりした感じである。三十分くらい経過していたので起き上がり、紫煙を燻らせて茫然としていると、汗だくの世話人氏が登ってきた。

山頂直下が厳しかったようで、勿論猛暑の所為もあるが、さすがに鍛え方が違う世話人氏は、少々の休憩で出発すると云う。ふたりで北西に延びる尾根を下り、登り返す572mのピークは西峰と手製の道標で示されてあった。其処から尾根は北上し、川上ドッケと呼ばれる499mの顕著なピークで世話人氏と別れる。私は右に、世話人氏は左に、二手に別れて踏査する。

北尾根の末端迄の道は明瞭とは云え、下り基調のバリエーションルートを単独で歩くので慎重になる。標高350mの、小さな等高線の閉じた瘤がふたつ並んだ処は、重機が入って山が切り崩されている。其の所為で北西方面の展望が開けている。正面に見える鉢岡山は綺麗な台形で、姿が良いので驚く。尾根は明確に続いていたが、間も無く作業道が左手に延びていて、赤いテープが誘導しているので其れに従う。最後は谷間に下降するが、植林の途切れた陽当たりのよい場所は草の繁茂が激しく、藪を掻き分けて傷だらけで下山した。

ロードメジャーを転がして、炎天下の車道を歩く。苦悶の行程だが、今日は最後に「藤野やまなみ温泉」で汗を流して麦酒で乾杯すると云う楽しみが待っている。そんな思いで歩き続けたが、辿り着いたやまなみ温泉の敷地内に人の気配が無い。休館日だということが判明して全身が弛緩して崩れ落ちそうになった。結局、藤野行きのバスで世話人氏と合流、都内某所で酒宴を催し帰宅した。

Photo_2


............................................................................................................................................................................................
............................................................................................................................................................................................
............................................................................................................................................................................................
............................................................................................................................................................................................
............................................................................................................................................................................................

戸隠キャンプ場から黒姫山

Kurohime3a


最早恒例となった、高速バスの廉価乗車券を利用しての戸隠行である。高妻山に登頂したので、次はいよいよ戸隠山かと思案するところだが、平穏に山頂ビバークを愉しむ為に、黒姫山に登ってみることにした。毎度の同時刻に到着した戸隠キャンプ場のバス停から、暫くは県道を歩く。歩いていく先の正面に黒姫山が既に全容を現わしている。天候は申し分の無いもので、路傍の雑木林に点在する湿地には、水芭蕉も咲いていると云う、五月の連休明けの平日である。

Photo

2018/5/15
戸隠キャンプ場バス停(13:45)---大橋林道入口(14:15)---新道分岐(15:15)(15:30)---しなの木(16:00)---しらたま平(17:05)---峰ノ大池分岐(17:35)---黒姫山(17:55)
2018/5/16
黒姫山(6:40)---峰ノ大池分岐(6:53)---峰ノ大池(7:15)---峰ノ大池分岐(8:00)---しらたま平((8:30)---しなの木(9:15)---新道分岐(9:40)---古池(10:15)(11:00)---大橋登山口(11:35)---戸隠キャンプ場バス停(12:05)

Kurohime1a

大橋林道経由のコースは、登山道に転じると、存外に熊笹の繁茂する道程になった。人の気配は全く無いので、熊が出てこないかと少々不安になる。其れでも、見上げると白樺林から陽光が差し込む心地好さで、徐々に緩やかな尾根を登り始めたと思った矢先に、新道分岐の四辻に到達した。

此処で暫く紫煙を燻らせて休憩していると、単独行の壮年男性が下山してきた。暫く歓談するが、此の時間帯に登り始める、巨大ザック装備を担ぐ私の事情を説明しない訳にはいかない。案の定、山中でテントですか、と壮年氏は感嘆する。特に非難のようなニュアンスは伺えないので安堵する。其れどころか、私が漠然と幕営予定地に考えている、しらたま平と云う場所は、其の名前が表現するような小平地ではないそうで、あそこでテントを張れるかなあと心配してくださる程であった。

日本百名山全山制覇が近いと云う、諏訪在住の壮年氏と、思った以上に長話に興じてしまった。百名山の最後に、高妻山を残していると笑う壮年氏と別れて、ふたたび静かなる尾根歩きを再開した。岳樺の立ち並ぶ気持ちのよい踏路から、気がつくと飯綱山の北側に広がる盆地を見おろす迄に、標高が上がっていることに気付く。

Kurohime12a

程無く尾根の途上の小平地である、しなの木と云う名の在るポイントで小休止する。テントを張るには適した場所であるが、陽光は未だ燦燦と輝く午後三時である。私は予定通りに、黒姫山外輪の稜線に在る、しらたま平を目指して、明瞭に続く踏路を行く。くだんの壮年氏の情報を、実際に確認してから、今夜の幕営地を考えても不安の無いコースタイムであった。

陽当たりのよい尾根に刻まれた登山道が、稜線に近づくに連れて西に迂回するようになった。陽の影になった処で、残雪を踏むようになると、眼前にドーム状の山塊が唐突に出現する。黒姫山の中央火口丘である御巣鷹山(小黒姫)である。本来であれば目的としたい頂点であるが、登山地図に道標は無く、一般的ではない。

黒姫山の外輪山は、中央火口丘を取り囲んでいる訳では無く、北西の頚城山塊の方に向かって、馬蹄形のように構成されている。其の、外輪山の最高点である黒姫山を目指して、踏路は稜線を東に向かって続いている。

やがて樹林が全く無い岩礫の広場に到着した。此処が例のしらたま平で、南面には飯綱山の山群を見おろすようにして、景観が一挙に広がる。右手に台形の、高妻山と乙妻山がワンセットになって鎮座しており、其処から連なっていく戸隠の山々は、ひと塊になって隆起しているように見える。

絶景のポイントだが、やはり壮年氏の云った通り、しらたま平は其の名に反して、瓦礫が傾斜となり広がっている処であった。どんなに検分しても、テントを張って寛げるような場所は見つからない。陽は傾き掛けてはいるが、未だ充分に明るいので、此の儘、黒姫山頂上迄歩くことにした。三日月のように歪曲する形で外輪山の稜線が左にカーブしていく先に、明瞭な三角形の山が聳えている。黒姫山の頂点に着く迄、陽が暮れることは無いだろうと思った。

ふたたび歩き始めると、徐々に暮色が濃くなってきた。麓に広がる田園地帯に、黒姫山の形の影が投射されている。山腹の向こうに、大きな湖が確認された。野尻湖と、其れを抱えるようにして背後に盛り上がっている斑尾山は、まるでミニチュアのようにこじんまりとしている。峰ノ大池分岐に達すると、直ぐに登り返す。山頂直下の勾配が急激に上がって、振り返ると御巣鷹山が西陽の逆光で黒く盛り上がっている。雪が残る岩場をひと登りで、標高2053mの黒姫山に登頂した。

Kurohime2a

石の祠の傍らにザックを下ろして、茫然として紫煙を燻らす。陽は枯木越しに見える御巣鷹山の真上に沈んでいく途中だった。戸隠連峰、弥勒尾根の途上から、五地蔵山のピークから、今迄何度も眺めては、いつか訪れることがあるのだろうかと思った雪の妙高山が、直ぐ其処に聳えている。北信五岳のカテゴリに就いて、特に意識はしていなかったけれど、此処迄登ってみると、少々の意欲が湧いてくる。

山頂は狭く、岩が敷き詰められたようになっているので、幕営適地とは云えなかったが、何処かに張らない訳にはいかない。結局、祠の近くの岩を可能な限り取り除き、テントを設営した。寝床の準備が整い、山頂で麦酒を飲んでいると、みるみるうちに夜の帳が、下りてくるようであった。

Kurohime4a
............................................................................................................................................................................................
追記

翌朝、地平線は靄靄としていたが、朝陽は野尻湖の左方から昇ってきた。戸隠キャンプ場バス停に、正午に到着すればよいので、余禄を持って黒姫山を撤収し、下山に掛かったのが午前六時四十分。其れでも早いから、折角なのでと、峰ノ大池に下り、西登山道経由で下山しようと思い立った。分岐から下り始めて間も無く、積雪の道となった。点在する赤テープを確認しつつ、御巣鷹山を正面に見ながら下り続けて、雑木林を抜け出ると、一面の雪景色だった。黒姫山の南面を登って、新緑も近いな、などと考えていた私にとっては、冷や水を掛けられたような気分の冬景色だった。

火口の中の積雪の道を、其れでも進んでいくが、膝迄埋もれる程の積雪になり、断念して引き返す。外輪山の分岐点迄登り返していく行程は、今回の登山で最も苦しい登りだった。

しらたま平で残雪の高妻山が怜悧に聳えているのを眺めて、前日登ってきた登山道を下っていく。新道分岐で古池に降りると、珍しくも無いような風情で、そこかしこに水芭蕉が咲いていた。時計回りに古池を半周し、登山道の分岐に達したが、時間が随分余っているので、池の畔のベンチで大休憩をする。暖かい陽差しを浴びながら、ポケット壜のウィスキーを舐めていると、身体が弛緩していくようだった。

戸隠キャンプ場バス停から予定通りのバスに乗り、戸隠中社で下車し、恒例の「神告げ温泉」に入浴。浴後は、麦酒と蕎麦。前回は天笊で失敗したので、笊の大盛りにした。平日の所為か時刻の所為か、今日も空いていて快適だった。

Kurohime5a
............................................................................................................................................................................................

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック