« 五地蔵山から高妻山 | トップページ | 東天狗・初めての厳冬期八ヶ岳登山(前篇・雪山装備の調達に懊悩する) »

断章的に。馬返からの富士山・初めての吉田口ルート

Fuji1

2017/8/5
馬返(11:20)---一合目・鈴原神社(11:50)---二合目・小室浅間神社(12:30)---四合目・御座石浅間神社(14:10)---佐藤小屋(15:25)

2017/8/6
佐藤小屋(0:10)---六合目(0:45)---七合目・花小屋(2:40)---東洋館(4:00)---御来光休憩(4:50)---八合目・太子館(5:25)---元祖室(7:25)---八合五勺・御来光館(8:40)---九合目(9:35)---富士山頂・久須志神社(10:05)---佐藤小屋(14:30)


Map

昨年の夏休みに遂行できなかった、吉田口一合目からの富士親子登山を、漸く完遂した。次男の罫君とふたりでの登山と云うことで、計画は一年前に作成してある。馬返から佐藤小屋に登り、テントを設営して深夜に出立、御来光は登頂の手前で見ることになる行程である。そうして実際、上記の通り、佐藤小屋を予定通りに出発したが、其の後の行程は想像以上に時間が掛かり、凡そ十時間を掛けて、吉田口の頂上、久須志神社に到達したことになる。

思い出深い山行であった。登りの労苦は相当なものであり、知識としてあった山小屋の多さに感服し、山小屋従業員の冷徹な態度に立腹し、団体登山グループの渋滞に巻き込まれ、鈍重なペースに適応してしまい更に鈍足になり、雲海が明るくなっていよいよ御来光だと云うことで、中途半端な山腹で腰を下ろして休憩し、待つこと数十分で見事な日の出を拝み、御来光館の八合五勺に達した頃は中天に陽光が燦々と降り注ぎ、ベンチに座り込んでぐったりとなった。


Fuji2

決行の数日前から天候予報が怪しくなり、どうなることかと思いながら出掛けてきたが、結果的には夜間歩きの途上でも寒さに震えることもなく、時折富士吉田市街の夜景も窺える程の好天であった。其れは好結果であり、喜ばしいことであったが、全体的な計画に多少の誤算が生じたのは、我々ふたりの登山ではなく、途中で志願してきた友人親子を加えての四人の登山隊になったことであることに要因が在ることは否めない。

友人の御子息は、初日の吉田口登山道の途中から嘆息して愚痴っぽくなっており、疲労を隠せなくなってきていたから、其の後の行程の様子は推して知るべしで、恐らく、私と罫君のふたりだけであれば、此れ程のスローペースにはならなかったのではないかと云う感懐を抑えることが出来ない。御殿場ルートで、初めての富士登山を経験したので、マジョリティの参加する吉田口ルートに関しては、全く不安を感じていなかったが、改めてグループ登山の難しさを実感したと云うのが率直な感想である。

それでも晴天の中、山頂部に達して、それぞれが納得し、安堵しつつ達成感を味わった。大幅な遅れと、疲労感の所為で、御鉢巡りは勿論断念した。山頂に売店が並び、人混みを掻き分けて通行すると云う光景に驚きつつ、下山に掛かった。吉田ルートの下山道は地図の通りに連続するジグザグが延々と続き、足元と共に神経が疲弊した。

佐藤小屋に戻り、テントを撤収し、此れも初めて訪れる富士スバルライン五合目に向かう。観光地の土産屋が並ぶ騒がしい場所だった。商店の店員の接遇の程度は低く、商品も同様であった。早く帰京したいと思うが、新宿行きの高速バスは既に満席なので、路線バスで河口湖駅に向かい、鉄道で帰ってきた。


Fuji3

良くも悪くも、富士山の登山であった。思い出深く、反省点の多い山行であった。罫君とふたりで、来年もう一度登りたい、密かにそんな欲求が湧いているが、伝えたら、うんざりされるような気がするので、罫君には未だ伝えていない。ほとぼりが冷めてから、誘ってみようと思っている。

追記

今回の登山を終えた直後、台風5号が本州に上陸。其の影響で、我々が帰京した翌日の午後、大月駅構内の線路が冠水し、中央本線の四方津から塩山の区間が終日運休となった。記録的な大雨であり、岩殿山の斜面が崩れ、入山禁止となった。2017年11月現在、復旧のニュースは未だ無い。此の台風5号、発生から消滅迄の時間が長く、史上第三位の「長寿台風」だったとのことである。

【7月21日午前9時に南鳥島の近くで発生した台風5号「ノルー」は、日本の南を迷走して奄美地方を通過。その後和歌山県北部に上陸して、富山湾(日本海)へ。そして9日午前3時に山形県沖の日本海で温帯低気圧に変わりました。発生からの台風としての存在期間「寿命」は18日18時間におよびました。これまで統計がある1951(昭和26)年以降で台風の総数は1700あまりですが、その中での3番目に記録的な「長寿台風」ということになります】(日本気象協会webより抜粋)

« 五地蔵山から高妻山 | トップページ | 東天狗・初めての厳冬期八ヶ岳登山(前篇・雪山装備の調達に懊悩する) »

富士山・御坂・愛鷹・箱根」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/72183851

この記事へのトラックバック一覧です: 断章的に。馬返からの富士山・初めての吉田口ルート:

« 五地蔵山から高妻山 | トップページ | 東天狗・初めての厳冬期八ヶ岳登山(前篇・雪山装備の調達に懊悩する) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック