« 飯縄山・瑪瑙山・戸隠神社の逍遥(前篇) | トップページ | 荒船山・上信電鉄・しもにたバス(前篇) »

飯縄山・瑪瑙山・戸隠神社の逍遥(後篇)

Iizuna21

岩の上に鎮座している第十三の虚空僧菩薩に拝礼し、展望の開けてきた登山道を登り続けた。白樺の幹が薄日で朱色に染まっている。笹原の向こうに、飯綱高原が薄ぼんやりと広がっている。戸隠神社中社方面から続く登山道との分岐に合流すると、西側の眺望が広がった。戸隠連峰の鋸歯状の連なりが、当たり前のように眼前に在る。連峰の落ちていく先に、特徴的な三角錐の山が美しい。一夜山の由来は、鬼が一晩で造ったと云う伝説が在るそうだが、其れを差し引いても、語感の美しい山名であると思う。飯縄山の主稜に乗ったから、もう頂上は近い。改めてザックを下ろして休憩していると、全くの想定外で、南登山道の下方から、熊鈴が聞こえてきた。此の時刻に、登ってくる人間が居る。私は、全身に緊張が走るような感覚で、立ち尽くしていた。

2016/4/24

飯縄登山口バス停(13:30)---奥宮一ノ鳥居(13:50)---駒繋ぎの場(14:50)---天狗の硯石(15:30)---飯縄神社(16:40)---飯縄山(17:00)---飯縄神社(17:20)

2016/4/25

飯縄神社(8:10)---飯縄山(8:20)---瑪瑙山(9:40)---戸隠スキー場(10:50)---戸隠中社(11:20)---火ノ御子社---戸隠宝光社(14:10)

熊鈴の響きが近づいてきて、ひとりの中年男性が登ってきた。動揺を隠せない儘、挨拶をするが、男性は目を合わせずに、一応は頷いてから、広がる風景に向けて、ひとしきりカメラのファインダーを覗いて、程なく、一足先に山頂に向かって去っていった。愛想の無さはどうでもよくて、私は彼の装備を注視した。男性は幕営をするような装備では無いようだった。夕刻の山頂で、風景写真を撮影する目的で登ってきたのだろうか。

落ち着かない気分の儘、緩やかな傾斜を登りきって、金属製の鳥居と、祠が現われた。双耳峰の一端の飯縄神社は、其処から少し歩いた処に在った。予想通りの平坦地が社殿の上に広がっていて、テントを張ってくださいと云わんばかりの好展望地であった。くだんの無愛想氏の姿は無かったので、三角点の在る山頂に向かったのであろう。私は、巨大ザックを置いて、サブザックを取り出し、軽装で最高点迄を往復することにした。神社のピークから、北東に向かって伸びる登山道の先に、標高差は十メートルも違わない飯縄山のピークが、穏やかな丘陵のように盛り上がっている。陽当たりが悪い訳では無い筈なのに、コルに向かって下る道には、雪が残っていて、アイゼンを履いていない足元は少し覚束ない。

Iizuna22

標高1917.4m、飯縄山の頂上に立った。全方位の眺望が広がるのは知識としては有ったが、ずっと眺めてきた飯綱高原の景色から転じて、戸隠連峰と黒姫、妙高の姿が一望され、胸のすくような景色である。黄昏の逆光の所為で黒い戸隠山と、高妻山の怜悧なシルエットが美しい。北方を向くと、黒姫山の向こうに独特の形状で、妙高山が頭を出している。飯縄山の南側は相変わらずの薄曇なので、夕映えの高峰が連なる北西方面の景色が、不思議なコントラストで浮き上がっている。信濃と越後の境で、ふたつの景色を交互に眺めている。

ところで、問題の無愛想氏だが、戸隠方面に向けて、三脚を立てるでもなく、落ち着きの無い動作でカメラを覗いている。追って登頂してきた私を、完全に黙殺しており、袋菓子をぼりぼりと食べたりしている。人嫌いの単独行者の心境は、多分に理解している積もりである。彼の方こそ、想定外の人間が登ってきて、内心で舌打ちをしているのは想像に難くない。私は、早々に山頂を辞して、飯縄神社のピークに戻ることにした。

気を取り直して、漸く夕暮れに差し掛かろうかと云う時刻に、テントを広げた。飯縄神社の周辺は適度な瓦礫場で、ペグを打たずとも石で代用して張り綱を固定できた。フライシートを被せて張っている最中に、無愛想氏が山頂から戻ってきたようで、私のテントの近くで立ち止まった。目が合ったら声を掛けようかと思ったが、相変わらず、目の前に居る私を黙殺して、カメラを遠景に向けている。仕方なく、フライシートを固定する作業に戻った。そうしているうちに、無愛想氏は去っていった。私は、胸を撫で下ろした。

すじ雲が縦横に流れて、飯縄山の上には青空が残っているが、戸隠連峰の先に、陽が徐々に落ちていく。シルエットが濃厚になると、其の遥か向こうに、壮麗な山脈の壁が出現する。北アルプス、後立山連峰である。戸隠連峰との遠近感を差し引いても、圧倒的に高く聳えている。上には上が居る、そんな感じで、夕映えのシルエットが明瞭になって現われたので、私は茫然と立ち尽くして、其れを眺めた。白馬三山が判別し易い。五竜岳と鹿島槍ヶ岳の稜線の向こうに、剱岳も見えるのだろうか。地図にコンパスを当てて見当を付けるが、其れは不可能であった。

Iizuna23

夕陽が完全に姿を消して、麓は薄暮の気配が瀰漫していくが、山頂の空は未だ明るい。私は、漸く安寧の気持ちで、缶麦酒の栓を開ける。冷たい空気に晒された缶は程よく冷えて、其れをごくごくと飲む。一日を掛けて長野迄やってきて、夕暮れの山頂でひとり、何をやっているのかと、我に返ってしまい、可笑しくなる。飯綱高原に、灯火が疎らに点灯していく。気が付くと、里山の向こうに、光の波が広がっていた。長野市街の夜景は、少し靄が掛かっているのか、低山に隠れて部分的にしか眺めることが出来ない為か、其れ程格別のようには感じられなかった。

四月の信州北部の寒さは見当が付かなかったので、冬の越前岳の時と同様の防寒装備をしてきた。テントの中でウヰスキーを舐めながら、文庫本を読んでいると、忽ち睡魔が襲ってきて、其の儘眠りに落ちた。深夜に目覚めて、どれどれ、と云った感じでテントから這い出て、長野市街の夜景を眺めたが、感懐は同じであった。

ぱたぱたと云う音で覚醒した。フライシートがはためいているので、飯縄山の朝は如何に、とテントの外に出ると、一面の霧の中であった。其れも止むを得ないだろう。私はのんびりとした気分で、湯を沸かして珈琲を飲む。賞味期限の切れそうなカロリーメイトを齧って、其れを朝食にした。今日は飯縄山の北側に続く尾根をぐるりと廻って、戸隠神社に下山するだけである。昼食の戸隠蕎麦を食べるのが、今から待ち遠しい。そんなことを考えていたら、霧の向こうから熊鈴が聞こえてくる。時刻は午前六時台であるが、早速登頂者がやってきたのかと驚いた。霧の中から現われた初老の男性は、巡礼者のように笠帽子を被った風体だった、初老氏は、当然のことながら少し驚いた表情で私を見た。私は必要以上に、快活に挨拶をする。初老氏は、麓の別荘に滞在していて、毎朝飯縄山に登っているのだと云って、山頂に向かっていった。其の儘紫煙を燻らせていると、また登山者の足音が聞こえてきた。今度は中年男性で、泊まったんですかあ、と感心したように云って呉れて、山頂に去っていった。

此れは、余りのんびりしているのも考え物である。私はテントに戻って着換えることにした。身支度が整った頃、テントの外から声を掛けられた。這い出ると、一番手の初老氏が、登頂して、もう下山の途に就くようであった。登山歴四十年、昔は岩登りもやったけど、もう此の辺の山を歩くだけで満足だよ。そんな会話のあと、瑪瑙山に至る道は雪が残っているから気をつけて、と云って、初老氏は去っていった。テントを畳んで、飯縄神社に御礼の参詣をした。社殿の中に登山者ノートが在ったので開いてみた。今日の日付と、几帳面な筆跡で、テント泊一名、と記されていた。飯縄山を見守っている初老氏に、微笑ましいエピソードを提供したような気分になって、私はゆっくりと、山頂に向かって歩き始めた。

Iizuna24

改めて飯縄山の頂上に立った頃、早朝の霧は既に消え失せて、気持ちのよい青空が広がっていた。雲海の向こうに浮かんでいる、台形の上辺が変形して尖っているような形の高妻山が美しい。乙妻山に至る北面の山腹は、未だ雪化粧をしていて、私は、やはり飯縄山に留めておいた計画でよかったのだと首肯した。黒姫山の向こうに聳える妙高山から、火打山、焼山に掛けて、白銀の高峰が連なっているのが見渡せる。私の技量では、飯縄山から、彼の銀嶺を眺めるのが相応である。そうは思いつつも、何をやっているのか、早く登って来い、そんな風に云われているような気分にもなる。厳然として聳える山々に、畏敬の念が劣等意識とともに湧きあがってくるのだが、其れも何故だか心地好い。いつかは登るのだ。いつか、と云う未来に想念を巡らせることができる。其れが心地好い。

飯縄山の北側から西に分岐する尾根を、瑪瑙山を正面に眺めながら雪の傾斜を慎重に下った。思いのほか急激に標高を下げたので、妙高は黒姫山の影に隠れてしまった。明るい鞍部に達すると、最後のひと登りで今回の山歩きも終焉を迎える。瑪瑙(めのう)とは難読山名である。辞書を引いてみると、「紅、緑、白などの美しい色彩模様を持つ宝石」(三省堂国語辞典)と云うことで、そんな鉱物採取の歴史のある山なのだろうか、などと考えながら歩いているうちに登頂した。瑪瑙山の頂上は、戸隠スキー場ゲレンデの最高所となっていて、リフトの乗降所が在り、風情の欠片も無い処だった。

Iizuna25

其れも止むを得まい。私は、整地された裸のゲレンデを下り始める。瑪瑙山を中心に、尾根が馬蹄形に延びて、麓迄続いている。広大な谷のゲレンデ。左手に延びる尾根は途上で新たなピーク、怪無山となって、戸隠神社迄続いている。私は、敢えて右手の尾根を下ることにした。尾根上も滑走コースになっていて、雪の融けた今は、だだっ広い刈り払われた草地である。歩き易いのとは裏腹に、其の人工的な風情には辟易とさせられる。営業していないリフトの索道に併行して歩いているので、好んで徒労を甘受しているような気になるので腹立たしい。そんな道中に食傷気味になりながら歩いていくと、高妻山がいよいよ近くに眺められる。さてさて。何時頃に登ってやろうか。私は、秀峰を見上げて、退屈に抗いながら、歩き続けていた。



Iizuna26


追記

静まり返ったシーズンオフの戸隠スキー場から、車道を下り続けて戸隠神社中社に到着。参詣後、「戸隠神告げ温泉」にて入浴。同施設で風呂上りの麦酒と、ざる蕎麦を食す。「ぼっち盛り」の戸隠蕎麦は美味也。中社の目の前に在る有名店「うずら家」にも梯子しようかと思ったが、既に行列が出来ていて断念す。中社参詣時は開店直後で空いていたので少し後悔す。長野駅から帰途の高速バスは出発時刻が夕刻なので、逆算して時間を潰す為、戸隠五社のうち、火之御子神社、戸隠宝光社の二箇所に参詣す。いにしえの参詣道は気持ちの好い山道で、下り基調なので疲労無く逍遥す。宝光社前から長野駅行きバスに乗り、城山公園で下車。善光寺境内を散策して善光寺下の門前蕎麦屋「大丸」にて、ざる蕎麦と麦酒。徒歩にて長野駅。高速バス発車十分前に乗降所に到着す。帰路の乗客は十数名程度で、ストレス無く帰京。帰京便は到着がバスタ新宿では無く東京駅八重洲口だった。


戸隠神告げ温泉女将 宮沢辰子さん 「戸隠に湧き出た奇跡に泉」

|

« 飯縄山・瑪瑙山・戸隠神社の逍遥(前篇) | トップページ | 荒船山・上信電鉄・しもにたバス(前篇) »

妙高戸隠連山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/65825071

この記事へのトラックバック一覧です: 飯縄山・瑪瑙山・戸隠神社の逍遥(後篇):

« 飯縄山・瑪瑙山・戸隠神社の逍遥(前篇) | トップページ | 荒船山・上信電鉄・しもにたバス(前篇) »