« 青梅奥多摩境界尾根 | トップページ | 2014年の寫眞帖 »

断章的に。三頭山避難小屋・日ノ出山北尾根再訪・宝珠寺から小仏城山

Sasusawa

2014/11/15

奥多摩湖バス停(8:10)-----サス沢山-----惣岳山-----小河内峠(11:40)-----月夜見山-----風張峠(13:15)-----鞘口峠-----三頭山(15:10)-----三頭山避難小屋(16:00)

kz氏が三頭山の山頂で登山詳細図の販売を行なう為に、泊り込みで滞在していると云うので、陣中見舞いを兼ねて訊ねることにした。余り早くに到着しても手持ち無沙汰なので、午後二時くらいに登頂できればよいと考えた。其れで奥多摩湖バス停から大ブナ尾根経由で延々と稜線を歩いた。好天に恵まれ、サス沢山では思いがけない眺望が開けて満悦する。月夜見第二駐車場に到達した後は、奥多摩周遊道路に邪険にされながらのルートが続き、疲労感が増してくる。風張峠から落ち着いた雰囲気になるが、三頭山迄の道程は遠く、予定よりも一時間遅れて到達した。遅い時刻故か人影も疎らな山頂にkz氏が居て安堵する。ふたりで下山し、私は初めての避難小屋泊を体験する。同宿は年配女性のふたり組で、お互いに気を遣いながらの食事、就寝となった。極寒ではあったが、想像していたよりも快適に一夜を明かすことができた。しかしテントに比較して考えると、やはり見知らぬ者と雑魚寝するのは神経に障る。単独ではとても実行できないだろうと思った。

Photo

View_from_mitou_hinangoya

2014/11/16

三頭山避難小屋(8:00)-----三頭山-----三頭山避難小屋-----ムシカリ峠-----三頭ノ大滝-----檜原都民の森(12:50)

朝の三頭山から眺める富士山は存外に素晴らしかった。昨夕の黄昏も良かったが、澄み切った空気感の果てに、奥多摩から富士山の裾迄見渡せると云うのが意外だった。午前九時を廻って、漸く登頂者が現われるが、まだまだ閑散としている。あと一時間で下山して、麓で打ち上げでもしようとkz氏が云うから、単独で何処かを巡って下山しようと思っていた私だったが、彼に付き合うことにした。そんなところに、NZ氏が登頂してきた。午前中に販売終了では早すぎると諫められてkz氏が逡巡を始めたので、どうするのかと思ったが、結局十一時頃迄山頂に居て、三人で下山を開始した。避難小屋にデポしていた荷物を回収して、最短の三頭ノ大滝経由で下山する。都民の森駐車場からバスに乗ろうとしたら、kz氏が知人の車で帰ると云うので、NZ氏とふたりで帰途に就くことになった。武蔵五日市駅周辺の饂飩屋でNZ氏と打ち上げ後帰京。

Kz_2

View_from_mitou

2014/11/19

沢井駅(7:10)-----澤ノ井園-----神路橋-----光仙橋(8:30)-----日ノ出山北尾根-----日ノ出山(10:30)-----長尾平分岐-----七代ノ滝-----岩石園-----綾広ノ滝-----御嶽神社-----御岳山駅-----丹三郎-----古里駅(14:50)

好天が続くので、ふたたび奥多摩方面に向かう。明確に行先を決めずに出かけたので、惰性の儘澤ノ井園から御岳渓谷を歩き始めた。其れでも気持ちが定まらないので御岳橋手前の休憩所でカップ麺を作り朝食にすることにした。近辺に棲みついていると思しき野良猫が文字通りの猫撫で声で近づいてきて媚態を披露するので面食らう。碌に施しを貰えないと知ったらぷいと踵を返して去っていった。

Mitakecat

神路橋を渡り、久しぶりに日ノ出山北尾根を登ることにした。光仙橋から尾根を回りこんで登って行く風情は相変わらずだが、瘤を越えたら一面が伐採されていて驚く。御岳山ケーブルと、琴沢林道に挟まれた尾根を一望できるようになっている。前回歩いた青梅奥多摩境界尾根が右手に聳えている。北尾根の踏跡は勿論明瞭で、林業事業者の設置したロープが連なっているから、立派な登山道と化している。

Kitaone

午前中なので閑散としている日ノ出山で眺望の休憩を取って、御岳山へと進路を向けた。長尾平分岐から七代ノ滝に急降下して、ロックガーデンを周回する。紅葉も然程ではなく、谷筋の薄暗い道は余り気持ちの良いものではなかった。此処はやはり新緑の季節や、酷暑の真夏に訪れるのが適切だと云う気がする。

Rockgarden

御嶽神社に参詣してから、ケーブル駅に立ち寄り休憩後、丹三郎尾根を経て下山に掛かる。尾根から外れて直ぐに、林道工事の為に登山道は通行止めと書かれていて驚く。更に驚いたのが、臨時迂回路として、尾根をトラバースしながら、支尾根が分かれる箇所に向かって立派な登山道が設えて在ると云うことだった。トラロープを両サイドに張り巡らせて、進路が示されている。通行止め箇所が復旧しても、此の迂回路は其の儘登山道として充分機能するので、丹三郎コースは二手に別れて選んで登れるものになるのだろうか、などと考えながら下山した。しかし、延々と黄色いロープに挟まれて歩くのはぞっとしない。

2014/11/22

小仏バス停(11:15)-----宝珠寺-----510mピーク-----小仏城山(12:40)-----小仏峠(宴会)-----小仏バス停(16:30)

「奥多摩登山詳細図西篇」完成記念と云うことで、ふだん販売している小仏峠で関係者が集まり、酒宴を開催されることになった。NZ氏から、何処かバリエーションルートを経由して一緒に登ろうと誘われたので、最も体力を消耗しそうにない、宝珠寺から取り付く尾根を登ることにした。NZ氏は高尾山周縁の尾根を殆ど歩いているので、案内を乞う形になった。霊園の奥から急激な斜面に入り、微かな踏跡にステップを刻んで尾根を直登する。最初は疲弊するが、尾根に乗ってしまうと楽になる。510mピークでゆっくり休憩しても、城山から日影沢に延びている尾根が直ぐ其処に見えるから、小仏城山はもう近いと解る。標高560m辺りで瘤を越えて、ふたたびの急登が始まるが、其れも直ぐに終わる。すると、前方から嬌声が聞こえてくる。間もなく登山道に合流して、小仏城山に到着した。小仏峠で愉しい時間を過ごし、皆で高尾駅に移動して酒宴の続きが行なわれた。私は酩酊して、帰途の電車で眠りこけてしまい、帰宅したのは深夜になった。自業自得で、翌日から体調を崩したので、暫く出掛けられなくなった。

Kobotoke

Kobotoke2

« 青梅奥多摩境界尾根 | トップページ | 2014年の寫眞帖 »

奥多摩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/58419761

この記事へのトラックバック一覧です: 断章的に。三頭山避難小屋・日ノ出山北尾根再訪・宝珠寺から小仏城山:

« 青梅奥多摩境界尾根 | トップページ | 2014年の寫眞帖 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック