« 富士見下から至仏山(後篇) | トップページ | 青梅奥多摩境界尾根 »

松枝・郡界尾根・武川岳

Gunnkai_one



後立山、不帰キレットの山行以来御無沙汰であったkz氏と、週末の直前になって奥武蔵の山に登ることになった。北アルプス、尾瀬と、今年の夏から秋に掛けて、華麗なる山の遍歴を記してきた訳だが、十月になってからは体調を崩したり、天候も存外に不順だったように思われ、気がつけば全く山に登らない儘過ぎていくような気がした。奥武蔵でも行きますか。そんなメールのやりとりで、具体的な行く先も決まらないので、とりあえず一年振りの松枝行きバスに乗ると云うことにした。


Matsueda1

2014/10/25

松枝バス停(8:00)-----飯能市・横瀬町境界-----909mピーク-----見晴台-----武川岳-----前武川岳-----845mピーク手前で東北東に逸れる-----県立名栗げんきプラザ-----長岩峠-----小高山-----正丸峠分岐-----正丸駅(17:25)

紅葉の季節の土曜日だが、芦ヶ久保駅から乗車した松枝行きバスの乗客は、相変わらず今日も我々だけであった。二子山から武川岳に至る稜線へと繋がる支尾根は、自然林が美しく立ち並ぶ好ルートなのだが、登山道としては整備されていないので、観光地図に於いての松枝周辺は空疎である。誰も居ないので静かなる山歩きを堪能できる訳だが、折角の路線バスが空気を運び続けているので、廃止の憂き目に遭わないか心配である。好事家、篤志家の素養の在る登山者様に於かれましては、是非とも乗車して戴きたく思う。

ヨーガイ入、牛喰入の狭間に延びる尾根を二本踏破したので、今回はさらに南に併行した尾根を登ることにする。ダンプカーが爆走する危険な県道青梅秩父線を暫く歩き、ザゼンソウ保護地を横目に見ながら通過すると、飯能市の表示が現われる。此の、飯能市と秩父郡横瀬町の境に沿って、武川岳から派生する尾根が延びている。今年の春先には、kz氏とふたりで、小沢峠から安楽寺に至る東京都と埼玉県の境界尾根を踏破した。山を歩いているだけでも愉しいが、其れが市町村の境界だと思うと、格別のような気がしてくる。そう思いませんかとkz氏に云うと、飯能は旧入間郡なので昔は郡界尾根と呼ばれていたようだ、と云って資料のコピーを見せて呉れた。思いの丈はほぼ同じようである。

Matsueda2

郡界尾根が県道にぶつかる地点は、尾根がせり出した箇所が削られて擁壁になっているので登れない。少し飯能側に移動した処に登り口を見つけて、植林が疎らになっている小さな尾根を登っていく。其れが郡界尾根に合流して、北面に自然林の黄葉が陽光に映えているのが、樹林の合間から見えるようになった。ヨーガイ入右岸尾根だろうと思われる。

最初の等高線の囲まれた641mピークは特に眺望も無いので、先に進んだ。鞍部を越えて緩やかな尾根を歩き、牛喰入からの大きな尾根と合流する720m圏の小ピーク迄、急登になる。登りきると、心なしか樹林越しの風景が明るさを増してきたような気分になる。地形図では、此処から暫くは細長い形状をした等高線の尾根を登る。左右が切れ立つような険しいルートではないかと懸念したが、実際は緩やかな一本道であった。

標高750mで、さらに牛喰入からの尾根が合流する。景観は一変して、唐松の黄葉が点在する穏やかな広い場所だった。此処で小休止する。kz氏は資料を見せながら、此の辺りは、明ヶ萱(ミョウガノカヤ)と呼ばれていた処だと云った。萱はカヤトの茅と同じ意味と思われるが、明とは何だろう。比較的明るい場所ではあるが、みょうがの文字は当て字だろうとkz氏が云いながら、ビニールテープに明ヶ萱と記して枝に巻いている。萱の文字が潰れて読めないと指摘すると、kz氏は口惜しそうに書き直している。律儀である。

Matsueda3

再出発して、ひと段落したように緩やかな尾根を歩いて行く。909mピークに合流すれば、後は武川岳への尾根を辿るだけである。其の909mに至る手前で、巨岩が踏み跡を塞いでいた。捲くこともできるが、岩の上に攀じ登って通過する。思いがけない岩場の出現は、単調な尾根登りが続いていた気分を刷新して呉れる。岩稜帯を越えて、風景は愈々自然林の色が燃える道になっていった。

登山地図に破線で記されている、県立名栗げんきプラザ付近から延びている尾根に合流する909mピークに到達した。此の破線ルートの唯一の見所が「見晴台」と記されている処であるが、ピークの上ではなくて少し東に下った場所にある。ザックを置いて、其れを確認するために歩いていった。見晴台と記された道標は古びていて、周囲は樹木に囲まれている。僅かに南方向の眺望が利いた。看板に偽り有りと迄は云わないが、見晴台と云う程でも無い場所だった。

kz氏と909m迄戻り、東西に細長いピークの西側に移動して休憩した。疎らな樹林の合間から柔らかい陽光が差し込み、暖かい。踏路は明瞭に在るが、破線ルート故か訪れる人は皆無だった。茫洋として座り込んで、長々と談笑しての休憩だったようで、出発する時、40分くらい此処に居たよ、とkz氏が云った。

鞍部に急降下して、地形図には此処に点線のルートが記されているが、全くそのような痕跡は発見できなかった。其の儘尾根を登り返して、昭文社地図の実線の通り、大栗入に下降していく登山道が別れる道標の地点に到着した。ハイカーが徐々に増えていく尾根道の、南面は植林で鬱蒼としているが、北面は見事に黄葉が広がる自然林だった。行く手の先を見ると、整然と黄葉と植林が二分割されていて、不思議な感覚に陥る。

頂上間近の勾配に掛かると、黄葉だけの明るい雰囲気になる。箒平の名の通り、平坦で広大なピークに達し、前武川岳への分岐を過ぎて、賑やかな武川岳頂上に着いた。名郷から適度な距離で登れるとは云え、想像以上に大勢のハイカーが山頂を占拠している。此処は何時も大混雑なんだと、kz氏が織込み済みと云った風情で呟いた。山頂から少し下った処で、昼食の休憩にした。

Matsueda4

さて、下山であるが、特に妙案も無く、前武川岳経由の山伏峠に降りることにした。名郷迄は昨年歩いたと云うことも在り、バスの乗車時間が長く、運賃も高いので、正丸駅迄歩くことだけは確定した。昨年は積雪の稜線を歩いたが、前武川岳に至る道は、変わらず心地好い登山道である。武川岳と同様に広い前武川岳で小休止して、山伏峠方面に尾根を下って行く。900m圏峰を越えて、尾根が三方に分かれている瘤に至った処で、東北東に延びる尾根に行ってみようとkz氏が提案するので従うことにした。

山伏峠に降りても、伊豆ヶ岳北方に在る長岩峠を越える為には、県道を名栗げんきプラザ迄歩かなければならない。尾根通しでげんきプラザ付近迄降りられそうなルートを、開拓しようと云う案である。kz氏らしい発想であり、私も嬉々として其れに従う。標高845m地点から左の尾根に逸れると、直ぐに伐採地に出て、立派な山容が目の前に広がる。伊豆ヶ岳と古御岳を西側から眺めた恰好である。伊豆ヶ岳は数回登ったが、其の山容を此れ程明瞭に眺めたことは無い。禿げた伐採地の褐色の肌は心地好くは無いが、良景である。

切株に座れるので恰好の休憩場所である。其れ故の大休止となる。目の前に林道が横切っていて、其れを越えて続いている尾根に乗る。景色はさらに広がって、またしても大休憩になる。伊豆ヶ岳の彼方に、遠く山々が遠望できる。都県境尾根の窪んだ処を指して、小沢峠かなとkz氏が云う。私も地図を広げて、大仁田山、間野富士山など、春にふたりで登った山々を同定しようと試みるが、確かなことは判らない。後日、山座同定測定器を帯同して山登りをしているHm氏のサイト「山からの眺望」に写真を投稿して、判定して戴いたのだが、間野富士山は低すぎて、見えていないようであった。

Matsueda5

林道建設で無残に削られた山肌の上に乗り、尾根を下り始める。尾根は800m圏で大きく二手に別れる。北面は絶壁に近い崖だったので、及び腰で何とか南面を辿って、痩せ続ける尾根の上を歩いて行く。途中、私が落石を起こしてしまい、拳大の石がkz氏に向かって転がっていったので冷やりとした。険しい砂礫の急傾斜を緊張しながら下る。右側の風景はのどかに広がっているが、眺める余裕は無い。

尾根はいつしか穏やかになり、一直線に下降していった。無味乾燥な植林の道を、安堵しながら下って行くと、車の爆音が聞こえてくる。漸く県道53号の、急激なヘアピンカーブのアンカーポイントのような処に降り立った。車道を下って行くと、程無く左手に県立名栗げんきプラザの建造物が現われた。正丸峠に分岐する地点で、北に伸びる寂れた林道が在る。此処から更に登り返して、長岩峠を越えないと正丸駅に辿り着くことはできない。

林道を歩き、程無く左手に登山道の道標が在り、沢を渡渉して尾根に取り付いた。振り返ると、山峡は薄暗くなっていて、視線を上げると、武川岳方面の山容が、心細いシルエットになって連なっている。昔、名郷に嫁入りする娘も歩いた道なのかな。私が、心細さを誤魔化すようにして喋る。俺も婿入りで峠を越えたいよお。kz氏が叫ぶように応える。空元気の儘、我々は、峠を越える為に、暮れていく登山道を、登り続けていた。


Matsueda6

追記

長岩峠を越えて小高山を経て、正丸峠分岐迄。伊豆ヶ岳登山道に合流する迄は初めて歩く道だったが、巨岩、奇岩の並ぶ谷筋の登山道で、存外に面白そうな道だった。車道に出て間もなく夜になり、正丸駅に着いた途端飯能行きの電車が到着したので慌てて乗車。恒例の所沢祝宴で麦酒と餃子。無事帰京する。



補記

標高845m地点から左の尾根に逸れた伐採地からの山座同定写真。


Hitominphoto

タブレットPC用の山座同定アプリを自作されているHitomin氏のサイト
「山からの眺望」
http://yamaname.web.fc2.com/


から転載させて戴きました。

« 富士見下から至仏山(後篇) | トップページ | 青梅奥多摩境界尾根 »

奥武蔵」カテゴリの記事

コメント

ホウキ平のホウキは、標木(ヒョウキ)が訛ってホウキになったようです。ヒョウキ⇒ホウキ

掃除道具のホウキは関係ありませんでした。

標木っていうのは、境界線上に植える木のことで、境界木ともいいます。

地図を見ると、確かに分水嶺は、山伏峠なのに、郡界が北側にはみ出したようになってますよね。

昔、境界を巡って、横瀬と名栗で論争があり、その結果今の境界になったようです。

偶然にも、今回歩いた郡界尾根はホウキ平の由来となった尾根だったのです。

当時のヒノキかどうかわかりませんが、境界木にはヒノキが使われたそうです。

松枝周辺のバリは面白いっすね~。
概念図にだんだん線が増えていくな。

ラーメンご馳走さまでした~。

また行きましょう。

境界に植樹するというのも大変そうですが、ホウキ平がヒョウキ平だったとは…。
ホウキを逆さにしてフラットな感じを、広い平坦な山頂の武川岳に当てたのかなと勝手に思い込んでいて、
「箒平の名の通り、平坦で広大なピーク」という表現をしてしまいました。
ちょいと赤面ですが、またひとつ勉強になりました。
ありがとうございます。

ヒノキとホウキも、ちょっと似てますね(笑)

ラーメン作ってプチ火傷したのも、今となってはいい思い出です(笑)

次回はjetboil持って行きます…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/57944796

この記事へのトラックバック一覧です: 松枝・郡界尾根・武川岳:

« 富士見下から至仏山(後篇) | トップページ | 青梅奥多摩境界尾根 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック