« 滞留の天狗山荘 | トップページ | 不帰キレット・出発が遂に訪れる(前篇) »

秀英横太明朝組版【初めての富士山・御殿場ルートの往復】

モリサワの新書体、「秀英横太明朝」と「凸版文久明朝」と云うのを入手したので、戯事ですが拙文を組版してみました。
本文が秀英横太、見出しが凸版文久です。主に仮名が装飾的なので本文には向かないかなと思っていた秀英明朝ですが、横太化によって均質性が上がり、座りの良い雰囲気になっていると感じました。

1_5


2_2


|

« 滞留の天狗山荘 | トップページ | 不帰キレット・出発が遂に訪れる(前篇) »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/57371412

この記事へのトラックバック一覧です: 秀英横太明朝組版【初めての富士山・御殿場ルートの往復】:

« 滞留の天狗山荘 | トップページ | 不帰キレット・出発が遂に訪れる(前篇) »