« ユガテ・スカリ山・深沢山(中編) | トップページ | ユガテ・スカリ山・深沢山(後編) »

ユガテ・スカリ山・深沢山(中編其の弐・不可解なる土山の峰)

Tsuchiyama




2012/12/1

東吾野駅(7:30)---吾那神社---雨乞塚---橋本山---ユガテ---エビガ坂---スカリ山---沢山峠---深沢山東峰---深沢山西峰---水晶山---愛宕山---武蔵横手駅(15:00)

冷たい雨は、樹林帯に入って程なく回避できた。東西に伸びるスカリ山の地勢に逆らうことも無く、明瞭な登山道を下っていった。併行して近づいてくる、奥武蔵グリーンラインの舗道を見て、漸く人心地が付いた気分だった。降りた箇所に在る樹木にも、やはり手製の、スカリ山入口と謂うプレートが打ち付けてあった。だからスカリ山は、グリーンラインの途上から容易に登ることができる、眺望のよい山であった、という結論になる。

次の目標であるコワタへと南下する為に辿る進路は、登山地図の上では、北向地蔵へと向かい、土山へと下るのが定石になる。其の方角を見ると、濡れた歩道は大きく左へ向かってカーブするような気配だった。つまり正面には道路に立ちはだかる山塊がある。よく見ると、カーブの手前の右手に、薄暗く、か細い道らしきものが窺えた。

「せっかく俺と歩いているんだから、此処に入ってみようか」kz氏が、随分頼もしそうに云う。小雨の降る舗道から、我々は山の斜面に沿って続く踏後を歩き始めた。

岩肌が露出するトラバース道で、やや傾いた不安定な踏跡だったが、其れも直ぐに終わり、深い谷が広がる植林帯に出た。左に北向地蔵からの登山道が窺えるが、併行した尾根の上に乗った儘、少し鬱蒼とした微かな踏跡を辿る。小さなピークが有る筈だが、気づかない儘進んだ。獣の糞が散見し始めて、少し慄くが、間もなく正規の登山道が横切る箇所に出た。其処は小さなジャンクションになっていて、登山客が数人、休憩していた。どうもどうもと、全く道の無い北方の樹林から現われた不審な我々は彼等に挨拶をしたのだが、年配のハイカーたちは、あからさまに怪訝そうに、会釈しただけだった。

ちょっとした峠のような雰囲気の、四辻ならぬ三辻に在る樹木には、赤いテープがぐるりと巻かれており、其処に手書きで、指標が記されていた。関ノ入尾根で見覚えのある、親切なようで、そうでないような、方角を感知するのに戸惑うサインである。横断している登山道を其の儘横切り、土山方面に南下する方向には、山道、そして小さく土山、深沢山と書いてあった。右はユガテ、左は北向地蔵、そして直進は山道、であるから、我々の行くべき道の辺境ぶりが想像できる。

国土地理院製二万五千分の一地図「飯能」に、土山と縦書きで記されている辺りは、三方向に尾根が伸びる、緩やかな小ピークの在る山塊である。我々は、北面の細長く伸びる尾根を、登り始めた。小さくてもピークなので、頂上の手前では直登する。唐突に、落ち着きかけていた天候が変わり始めた。冷たい風が吹き始め、雨か、と思ったら、手応えのある氷の粒が頬に当たった。其れは雪だった。樹林から垣間見える、北西方向の山並みを見上げた。雪が横殴りに吹き荒れていた。ふたたび上着のフードを被りながら、390mピークに登り詰めた。小さなケルンと云ったら申し訳ないような、石の重ねてある塊と、木片に手書きで、土山の峰、と記されたものが、木の杭に釘で打ってあった。

見るからにイリーガルな雰囲気の漂う木片である。土山の峰とは、勿論地図には載っていない。土山の峰。修飾語の文節で構成されている処も安易である。虎秀地区の立派な山名票を思い出すと、何処の誰かも判らない者が、勝手に指導標や山名を規定しているのではないかと、疑念が湧いてきてしまう。kz氏は、おお、土山の峰にやってきました、と、動画を記録するデジタルカメラに向かって喋っていた。

所謂ひとつの土山の峰を緩やかに下り始める。明瞭な道が真直ぐに伸びていた。程なく、道が二手に分岐していた。相変わらずの赤テープが木に巻きつけてある。左に分かれる道に、沢山峠、と記してあった。ふたりは暫し立ち止まった。直進の方向には何も指標が記されていなかったが、道は堂々とした広いもので、尾根の続く道であった。我々は、特に疑問を持たず、赤テープを無視して、直進した。そうして、急激に下って行った先で、尾根上の道は途切れ、またもや左に直角に、尾根から降りていく道が続いていた。

雪は既に止んでおり、周囲は冬らしい鉛色の空に包まれて、陰鬱な光景になった。我々は既に、地図を凝視して吟味しつつ歩く態度から大きく逸脱していた。尾根は続いているが、其の先は藪状に枯れ枝や草木が繁茂していた。しかし、其れ等を越えると、枯葉の敷き詰めた、穏やかな道が続いているようにも見える。其れで、左手に向かう踏跡には構わず、直進することにした。

枯れ枝を掻き分けて、明るさが戻ってきた。もう踏跡はない、静かな尾根の上を、我々は軽快な足取りで、降下していった。

« ユガテ・スカリ山・深沢山(中編) | トップページ | ユガテ・スカリ山・深沢山(後編) »

奥武蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/48971625

この記事へのトラックバック一覧です: ユガテ・スカリ山・深沢山(中編其の弐・不可解なる土山の峰):

« ユガテ・スカリ山・深沢山(中編) | トップページ | ユガテ・スカリ山・深沢山(後編) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック