« 長英新道から燧ケ岳(後編) | トップページ | ユガテ・スカリ山・深沢山(前編) »

断章的に。塔ノ岳・尊仏山荘前に『東丹沢登山詳細図』を届ける。

2012/10/27

大倉(8:30)---大倉尾根---花立小屋---塔ノ岳---金冷やし---堀山の家---大倉(18:30)

Tanzawa1

『東丹沢登山詳細図』が目出度く完成、発売したので、其の記念即売会を塔ノ岳、尊仏山荘で行なうことになった。そんなわけで、世話人、守屋二郎氏から、商品の地図を運ぶのを手伝ってほしいと云うメールが届いたので、当然合点だとばかりに受託したのだが、送られてきた商品は其れ程の荷物ではなくて、全く拍子抜けしてしまった。澁澤駅で待ち合わせたMNさんに、一応手分けして運ぶと云っていたから、半分を渡したら、詳細図の束はすっかり軽くなってしまった。

大倉尾根から実直に塔ノ岳を目指すので、無味乾燥な行程になるかと思われたが、神奈川在住なのに大倉尾根は初めて登るというMNさんに気を遣ってしまい、ゆっくりと登っていった。そうすると、勝手を知っている私は、いろいろ説明をしたり、知ったかぶりの解説をしてしまう。そうすると、単独行のおじいさんが話しかけてきて、昔の丹沢はこうだった、みたいな話に展開していったりする。商店街の通りみたいに人が行き交う大倉尾根ならではの風景である。完全に行楽客となって、随分時間をかけてしまい、塔ノ岳迄四時間も掛かってしまった。『東丹沢登山詳細図』は順調に売れていて、我々の運んできた補充分の商品も、殆どが捌けたようで、喜ばしい限りである。

Tanzawa3

踏査隊のメンバーのC氏に初めて会う。植物を撮影しながら山歩きを行なうブログを書いており、詳細図の踏査では最も機動的に活躍している人である。彼のバックパックは、前から気になって居たウルトラ・ライト志向のブランド製品だったので、そんな話題でおずおずと会話をする。ウェアの類も古色蒼然とした詳細図踏査隊員らしからぬハイカラなスタイルである(と、此処迄書いてハタと気づいたが、世話人氏夫妻も、別に古色蒼然としている訳ではなく、充分に洒落ている。古色蒼然は、守屋益男氏以下岡山部隊のイメージかもしれない)。

C氏は、デジタル一眼レフの、かなり最新式の機材を携行しているので、更に驚いてしまう。私は精密機器の取り扱いに対して臆病で、霧の降る山の中に高級カメラを持っていくということができない。そんなとりとめのない会話をしながら、尊仏山荘前で随分長い時間を過ごしたのだが、予想以上に寒さが堪えて、辛くなってきた。午後三時には殆ど客もいなくなったので、世話人守屋氏夫妻と、サポートメンバー三名で大倉に下山する。

Tanzawa2

途中、詳細図を販売してくれることになった堀山の家に、挨拶するために立ち寄った。此処で想定外の歓待を受けたために、堀山を出発した頃には、陽が暮れかける時刻になってしまった。三ノ塔に、月が昇った。駒止茶屋を過ぎたら、とっぷりと暮れてしまった。ヘッ電を頼りに、見晴茶屋迄の急な下りを慎重に歩く。見るからに高性能な風のC氏のLEDヘッ電がとても明るく、私の其れと比べて歴然とした差があるのを感じて、内心で臍を噛む。其のうち買わねばと決意する。

途中、ライトを持ってない儘立ち往生していた夫婦を救援したりするが、他にもヘッドライトを持たずに急ぎ早で下って行く無謀な人も少なくなかった。

付記

『東丹沢登山詳細図』販売取り扱い店一覧

http://mordred1114.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

C氏のblog

http://cashila2.exblog.jp/

追記

2012年11月の山歩き。

2012/11/04

猿橋(10:30)---市営グラウンド---907mピーク手前のコル---百蔵山---宮谷分岐---大久保山---扇山---大久保のコル---梨ノ木平---鳥沢駅(16:30)

2012/11/10

高尾駅(8:30)---小仏バス停---小仏峠---水平古道---景信山---景信山東尾根---478ピーク---裏高尾---高尾駅(16:00)

2012/11/24
大倉(7:30)---西沢林道---二俣---後沢乗越---栗ノ木洞---擽山---県民の森---西沢林道---大倉(13:30)

« 長英新道から燧ケ岳(後編) | トップページ | ユガテ・スカリ山・深沢山(前編) »

丹沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/48746768

この記事へのトラックバック一覧です: 断章的に。塔ノ岳・尊仏山荘前に『東丹沢登山詳細図』を届ける。:

« 長英新道から燧ケ岳(後編) | トップページ | ユガテ・スカリ山・深沢山(前編) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック