« 鳳凰三山・初めての南アルプス(中編) | トップページ | 重太郎新道から前穂高岳(前編) »

鳳凰三山・初めての南アルプス(後編)

2012/9/2

鳳凰小屋(5:00)---地蔵仏---賽の河原---赤抜沢ノ頭---観音岳---薬師岳---御座石---青木鉱泉(14:00)

Photo

樹林帯を抜けて、霧に覆われた砂礫の斜面を喘ぎながら登り続けた。苦労の末に登り詰めて、鳳凰三山の美しい白砂の稜線を歩けば、登山の喜びを実感できるであろう。其の観点からみても、鳳凰三山への登山は、すべからく青木鉱泉から周回すべきである、と、或るガイドブックには書いてあった。此の霧のこうに、其の光景が在る筈なのだろう。最早天空の散歩の夢は断たれたも同然なのであるが、私は、あまりの急登の苦しみに、其れ程荒天に対する落胆を、感じないでいた。

地を這うような植物と砂と石が続く。此れが這松と謂うものかと、密かに感嘆する。標高2700メートルと謂えば、ついひと月前に登った、宝永山の荒涼とした光景が思い浮かぶ。吹き晒しの砂礫の斜面で、奥多摩や丹沢をしみじみと歩いてきた山歩きの感覚が、無慈悲に剥ぎ取られていくようだった。

登り詰めた処は巨大な岩が折り重なっていて、其れに隠れるようにして地蔵の石仏が奉られている。地蔵岳の尖塔、オベリスクへは、此処から岩を攀じ登っていくのだ。風が吹きすさぶ霧の中に、其れでも多くのハイカーが集まっていた。大きく膨らんだクレッタルムーセンのザックを置いて、空身でオベリスクを目指す。しかし、Mを見ると、大きいザックを背負った儘なので、ザックをデポしないのか、と訊いたら、別に構わないので背負っていくと云う。

ザックを置きっぱなしにして、盗まれたりしないのか、と謂う疑念は、私にも無いわけではないが、常識的に考えると杞憂である場合が殆どのようである。大荷物を背負うのも慣れたので此の儘でいいと云うMは、ザックをデポしない理由を表現しないが、私は盗られることを恐れているのだろうと思った。そんなこと無いから置いていけよ、と云いたくなるが、面倒なので敢えて云わない。

岩場の途中迄来て、いよいよ尖塔を見上げる処に着いた。いよいよオベリスクを攀じ登る。どうやらMは其処から登るつもりが無いようであったから、私は構わず巨岩に張り付いて、慎重に登り始めた。両手両脚の三点を確実に固定して、ゆっくりと進む。オベリスクの根幹である岩の麓に着いたら、他には単独の壮年男性ハイカーがひとりだけ居て、此処からどうやって行けるのだろうか、などと会話した。オベリスクは霧に濡れて磨いたように輝き、そそり立っていて、足を掛けるポイントは窺えない。実際は何処かに在るのだろうが、垂直にさえ見える尖塔に攀じ登ると謂う気持ちにはなれなかった。

3

後日知ったことだが、此のオベリスクの頂に初めて立ったのは、あの、日本アルプスを世界に紹介したと謂うイギリス人宣教師、ウォルター・ウェストン其の人だそうだ。

しかし、この登攀は他の助けがなければ不可能である。わが同行者は、岩棚の上で足場を確保できるように、私の足の下にピッケルを押さえ込むことだけはしてくれたが、それ以上の手助けは拒否した。しかし、この助けで、私は二つの岩が接触している最高地点にあるクランクのトップに、長さ約二五メートルの軽登山ロープの先にしっかりと結びつけた石を投げた。何度やってもその石は届かず、背中や肩の上に戻ってくる。(中略)気落ちしながらも、三十分ほど何度も繰り返していたら、とうとう、幸いにもうまく届いた。

ウォルター・ウェストン『日本アルプス再訪』(平凡社ライブラリー刊)より抜粋。


信仰の山である鳳凰山に、あの弘法大師さえも挫折した。いわんや気弱で優柔不断な不浄の徒は、くれぐれも登ってはいけない。そんな伝説を頑なに信じて、ウェストンの登山に帯同した強力たちは手助けを拒否したものと思われる。ウェストンはロープを引っ掛けることに成功してから、凡そ一時間の間格闘して、頂上に立ったのだと謂う。

そんな逸話を知らずに、私は聳えるオベリスクを見上げていた。くだんの壮年氏は、岩の裏側に足場を探すために姿を消した。私は勿論、満足して引き返すことにしたのは云う迄も無い。途上で、三人の男性諸氏が登ってきた。様子を訊かれて話したら、無理は禁物、此の辺で満足することにしよう、と仲間内で協議していた。そうして、私は彼等の記念写真の撮影に協力した。

岩場の麓で待つMの処迄戻ってきた。私は満ち足りた気持ちで、ザックを置いた処に下りていった。当たり前だが、クレッタルムーセンは無事に回収した。南に進路を取り、少し歩いたら、荒涼とした稜線の途上に地蔵が夥しく並んだ広場があり、オベリスクと赤抜沢ノ頭の間にあるコルと云える地点だ。其処が賽の河原であった。此れ等の地蔵は子授け地蔵と称され、借用して下山し、枕元に置いておくと子宝に恵まれるという言い伝えがあって、成就の御礼は二体のお地蔵様を奉ったのだと云う。実際に其れは実行されていたからこそ、此の石仏があるのだろうが、厳しい苦行であることは間違いない。人間の想念と謂うか情念に、寂寞とした賽の河原の光景が二重写しになるような気がして、私は少し戦慄を覚えた。

Sainogawara

暫く其処に留まっていると、先程オベリスクの根元で会話した壮年男性が追いついてきた。首尾を訊いたら、オベリスクの岩を一周して諦めた、と云った。彼の背中を見送っていたら、風と共にいよいよ霧雨が激しく打ちつけるような状況になった。我々は俯きながら、鳳凰三山の稜線を歩き始めた。赤抜沢ノ頭を越えて、観音岳迄の道程は、小ピークや其れに準ずるような尾根の隆起した部分のアップダウンが続き、のどかな稜線歩きと謂うイメージとは掛け離れていた。厳しい風雪に耐えている這松が、さまざまな形に屈曲して、根を這わせていた。

鳳凰三山の最高地点である観音岳は、岩が重なり合って隆起したような山頂だった。雨粒が止み、その間隙を衝いて我々は風を除ける岩の陰で食事を済ませた。息つく暇もなく歩き続けて、未だ午前中だが、空腹は激しかったからである。山名標の在る処よりも、最高点が岩の上にあるようなので、山頂を踏むかとMに訊くが、もういいだろう、と頭を振った。私も疲労に抗えず、其の儘出発することにした。

Haimatsu

観音岳から薬師岳への稜線は、霧の中に岩が不断に屹立する道だった。北岳、間ノ岳、農鳥岳のパノラマ。そして振り返れば仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳。全ては霧の彼方に聳えているのだろう。私は漸く、此の絶望的な現実に、全身の力が萎んでいくような気持ちになった。幻となった天空の散歩の途上で、ふたたび雨が激しくなってきた。冷たさが、身体の隅々に迄染み込んでいくような、そんな雨だった。

文字通り、諸行無常の境地になった儘、いつしか最後の薬師岳に到達して、我々は弱々しく握手を交わした。無人の山頂に、其れでも暫く佇んでいたら、単独の男性が追いついて登頂した。記念写真のシャッターを押して貰い、言葉を交わす。えらい目に遭いましたねえと、関西弁の彼は笑顔で云った。其れで私も我に返り、なんだか可笑しくなってきた。山は逃げない、そんな常套句が浮かぶ。何はともあれ、私は南アルプスに来たのだ、と謂う実感が込み上げてきた。

さあ下山だ、と、Mも何時の間にか元気になっている声で云う。既に心は青木鉱泉の湯船に向かっているようだった。我々は、白い砂と霧の道を、中道方面に足を向けた。そしてもう一度、振り返ってみた。薬師岳の山頂は、さらに霧が増してきたようで、もう本当に何も無いんだからと、山の神様に云われているような、そんな無の世界を表出しているのだった。

補記

オベリスク初登頂がウェストンであるという歴史を、「悠遊趣味」さんから教わりました。鳳凰三山の名前の由来に就いても研究中。オベリスクが本来の鳳凰山で(其れはウェストンの著作でも表現されている)、地蔵岳とは赤抜沢ノ頭のことではないか、という仮説です。いずれ「山名由来」のページに纏められると思います。ご興味のあるかたは是非御覧ください。

|

« 鳳凰三山・初めての南アルプス(中編) | トップページ | 重太郎新道から前穂高岳(前編) »

南アルプス」カテゴリの記事

コメント

ありゃまあ、宣伝してくれてありがとうございま~す。
頑張って更新しないとね~。

なんかウェストンの訳は、おかしなところがなく、うまく訳されていると思いますよ。

一時間もねばっていたとは知りませんでした。

いつか、僕もクラックを攀じ登って、てっぺんに立ってみたいですね~。

いつもながらの素敵な文章に感心しまくりです。

霧とは思えないほど、情景が目に浮かんできます。

投稿: かず | 2012年10月17日 (水) 00時49分

かずさん、
読んでくれてありがとうございます。
情景浮かんで貰えましたか?
これ以上嬉しいお言葉はございません。

ウェストンの『日本アルプス再訪』は、
前作とは訳者が変わっていて、読みやすいです。
細かいところをいうと、「ロマンチックな~だった」という表現が多くて、
ロマンチックは日本語でもいろいろ訳しようがあるのでは、と思いました。
そのくらい柔らかい文章です。

オベリスクのてっぺんを目指す時は、
足場の手伝いやりますのでぜひお供させてください!(笑)

投稿: 七目 | 2012年10月23日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/47441036

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰三山・初めての南アルプス(後編):

« 鳳凰三山・初めての南アルプス(中編) | トップページ | 重太郎新道から前穂高岳(前編) »