« 日ノ出山北尾根から闇の金毘羅尾根を歩く | トップページ | 断章的に。鳥沢駅から権現山往復 »

大倉尾根から鍋割山・初めての軽アイゼン

2012/2/19

大倉(8:20)---大倉尾根---金冷やし---大丸---小丸---鍋割山---後沢乗越---二俣---大倉(15:30)

A

一月に続き、今度はM君とふたりである。飽くことなく愚直に、今回も大倉尾根往復と謂うことになった。夜の金毘羅尾根の巻で、日ノ出山から凍結した道を四苦八苦しながら下りたのが堪えたので、モンベル製の「コンパクト・スノースパイク」を購入したから、雪が踏み固められているであろう塔ノ岳への道も不安は無い。

大倉バス停は青空の好天だったが、遠く山稜を望むと、怪しい雲の積層が窺える。我々は、淡々と雑事場の平迄、尾根に乗る為の道を歩き続けた。見晴茶屋を過ぎて、例の登りに差し掛かる。無難に登り続け、花立への階段の途上で、疲労と謂うよりも、若干の空腹を覚えた。そしてなんだか無意識に、ああ、鍋焼きうどん食べたい、と独り言が出た。此れにMが反応した。呆気なく、行く先は鍋割山に変更されることになった。そうと決まると、金冷やしへの道程が、愉しくなってくるのが不思議だった。

天神尾根分岐の辺りで、いよいよ道の凍結が目立つようになってきた。アイゼンを装着し始める人が目に付くようになる。Mが私の顔を見て、どうする、と謂うように窺うが、整備された階段では時期尚早だと、私も眼で応える。晴れてはいるが、やや薄ぼんやりとした相模湾の光景を花立茶屋から眺める。振り返って見上げると、塔ノ岳に白い霧が降りようとしているのが判る。海に面した山塊は、独特な雲の発生が起こるような気がする。登山口が澄み切った快晴でも、山頂では瞬く間に霧が覆い被さってくるのだ。

花立からの瓦礫の道は白く染まっていて、いよいよ此処で軽アイゼンを装着する。私のは、軽アイゼンと云うのもおこがましいほど簡素なもので、土踏まずの部分に当たるくらいの面積の土台に、小さい爪が、其れでも八本も付いている。最初は不慣れで足取りは覚束無い感じだったが、アップダウンをこなして金冷やしに着いた頃には、随分と慣れてきた。慣れてしまうと、今迄、どうして軽アイゼンを持たなかったのか、と思う程、足が滑る不安からの開放が嬉しい。本社ヶ丸から、凍結した北面を、まるで踊っているかのように手足をバタつかせて下りた記憶が蘇ってくる。

久しぶりに歩く鍋割山稜は、晴れていても霧の中でも心地よい寂寞とした静かな道で、雪の道はまた格別であった。木段が凍っているのを全く気にせず、軽快に歩くことができるだけで、こんなにも気持ちが高揚してくるとは、と思う。そんな気分の儘、すっかり空腹になって、鍋割山荘に到着した。

山荘に入ると、半分以上が若い男女の客たちで埋まっていて驚いた。山登りはかなりの流行になっているとは謂え、二月の鍋割山にやってくる若者が此れ程多いとは思わなかった。皆が談笑しているので賑やかだが、別段五月蝿いとは思わない。高齢者の団体の騒々しさに比べると、私は寧ろ好感を覚える。Mは、若い女性の多さに動揺を隠せないらしく、しきりに、おい、若い女の子が多いな、などと何度も私に云うから、其れが却って鬱陶しい。

今日も圧倒的に旨いものであった鍋焼きうどんを食べて、もう二俣へ下りるだけである。軽アイゼンは、当然のように装着して後沢乗越に向かったが、凍結の無い階段やザレが続き、程なく外した。そうすると、不必要な程、滑らないのであろうかと、足元が気になってくる。

便利な物に慣れて、気がついたら其れに依存している、と謂うような人間の普遍的な性質が、縮図のようになって実感できたような気がして、私は内心、複雑な感慨に捉われて歩いていた。

しかし、考え事に気を取られながら山を下っている行為の方が余程危険だと謂うことに気がつき、私は、慌てて無心の境地に、自分を追い立てていった。

補記

高齢者の団体の騒々しさより若者グループの賑やかさの方が好感が持てると書いたけど、勿論一概に云えるものではないです。しかし、高齢者が十人以上で山登りをしている団体は、凡そ専横的な集団と化しがちな印象を拭い切れない。普段規律を遵守しすぎている反動なのか? 若者が我儘でも其れ程異常な感じはしないが、いい大人が我儘になって、それが大勢だと、もう手の施しようがないと云うだけの意味です。

別記

2012/2/8

沢井駅(12:00)---御岳渓谷遊歩道---御嶽駅---惣岳山---捲道---四辻---沢井駅(17:00)

2012/3/3

石神前駅(9:00)---吉野梅郷北コース---琴平神社---三室山---肝要峠---肝要林道---和田町二丁目---宮ノ平駅(12:10)

2012/3/14

石神前駅(10:00)---愛宕神社---奥ノ院---三室山---琴平神社---梅の公園---日向和田駅(16:00)

« 日ノ出山北尾根から闇の金毘羅尾根を歩く | トップページ | 断章的に。鳥沢駅から権現山往復 »

丹沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/44872365

この記事へのトラックバック一覧です: 大倉尾根から鍋割山・初めての軽アイゼン:

« 日ノ出山北尾根から闇の金毘羅尾根を歩く | トップページ | 断章的に。鳥沢駅から権現山往復 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック