« 断章的に。沼沢尾根から馬仏山~烏尾尾根から三ノ塔 | トップページ | 断章的に。大倉尾根往復の塔ノ岳~築瀬尾根を歩く »

ヤゴ沢ルートから小仏城山、そして薬王院飯縄大権現の謎

2012/1/8

小仏バス停(10:00)---ヤゴ沢ルート---縦走路---小仏峠---小仏城山---薬王院---金比羅台---高尾駅(15:00)

年が明けて初めての山歩きは、家族連れと謂うことも加味して高尾山にするが、其の儘登っても面白くないので、小仏城山から戻ってくると謂う道程を考えた。漠然と、小仏バス停から小仏峠へと歩くのも悪くは無いが、歩いたことの無いヤゴ沢ルートに食指が動く。バスの中で徐々にそんな思惑が形を成してきた。

小仏バス停から舗装路を歩き、蛇行して登った処がメジャーな南東尾根コースの入り口で、十数人のグループが記念写真を撮ったりして入口を塞いでいる。賑やかで結構なことだが、其のデリカシーの欠如は好ましく無い。だから瞬時に決断して、其の儘真直ぐに駐車スペースの処迄歩くことに決めた。

ヤゴ沢コースは、小仏峠への山道になって直ぐに、沢沿いの明瞭な道が右に分岐していて、林道の公的な標識もある。日当たりのよい明瞭な作業道で、暫く快適な散歩を楽しめる。やがて沢が傾斜を増して左の方に遡っていくのを見る場所に到達し、其処から右に踏み跡が急登となって始まる。植林された杉の木が整然と在るジグザグな登りだが、唐突に個性的な形状のブナの巨木があったりする。踏み跡は明瞭だが、作業目的の為か実直に急傾斜が縦走路の尾根上迄続く。女子供は嫌気がさしているのではと気懸かりになるが、存外に元気に登っている。

空が明るくなってきて、やがて横に伸びる作業道にぶつかり、左に曲がると緩やかに登る。ぱっと視界が開けたと思ったら、小仏峠から向かって、景信山の直前にある、伐採されて眺めの良い縦走路に合流した。誰も居ないヤゴ沢ルートから、突如大勢の人が行列で歩いている尾根を見て、不思議な感覚に陥った。尤も、行列の人々も揃って我々を違和感の視線で眺めている。道を間違えて引き返してきたのか、などと思われているかもしれない。何れにしても、ヤゴ沢ルートを登ってきたのに景信山に背を向けて小仏峠に向かう。家族連れでも此の臍曲り加減は、斜めから登る、の真骨頂かと思う。

折角小仏城山に行くなら、城山茶屋でも販売を始めたと謂う「高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図」を買いたいと思っていた。ところが、途中の小仏峠で、制作関係者が即売所を設置していて、ちょっとした人だかりができているから驚いた。熱心なものだと感心し、新たに発行された「奥多摩東部登山詳細図」と併せて購入した。後に小仏城山に到達し、茶屋を覗いたら高尾山篇しか扱っていなかったから、此れは嬉しい誤算だった。

快晴で冷たい風が吹くこともなく、相模湖を配置した富士山の明瞭な姿を眺め、心地よい疲労感とともに小仏城山に到着し、昼食の休憩をする。其処からは、延々と高尾山へ。頂上は捲いて、薬王院へお参りして、昨年も買った天狗の熊手を購入する。

薬王院は正式には「高尾山薬王院有喜寺」と謂って真言宗のお寺なのだが、奉ってあるのが「飯縄大権現」と有るので、神域だろうからお参りは二礼二拍手一礼するのではないかと、山の神が云う。そうなのかと思い礼拝するが、殆どの人は黙して拝んでいる。我々に釣られて拍手する人も居たが、実際どうなのだろうかと思う。後に調べてみたら、要点となる「飯縄大権現」の由来に頼るしかないようだ。

以下「高尾山薬王院公式ホームぺージ」から部分的に引用する。

《(前略) 「飯縄大権現」は、その信仰の起こりとしては、信州善光寺の北にそびえる飯綱山、戸隠山一帯に淵源を発する(中略)飯綱山は、戸隠山と共に我が国修験道の始祖、役(えん)の行者神変大菩薩(ぎょうじゃじんぺんだいぼさつ)によって山岳修験道場の基礎が開かれた(中略)飯綱山は、初め飯綱大明神と称し、天皇足穂命が降臨した所として崇められていたが、天福元年(1233)水内郡萩野城主、伊藤兵部太夫忠縄が山頂に飯縄大権現を祀り、修行の後、神通力を得て、百才以上の長寿を得たという。その子、次郎太夫盛縄もこの山に入り修行、霊験を得て妖術「飯縄法(いづなほう)」を編み出し、「千日太夫」を名乗った(中略)戦国時代の世に武将の間で、(*飯縄法は)優れた妖術として熱い信仰を集め、武田信玄は、飯縄大権現の小像を懐中して、守護神としたと語られ、山形県上杉神社に遺される上杉謙信の兜の前立には、飯縄大権現の尊像が祀られている(後略)》

山岳信仰と修験道から効き目のある妖術迄。変幻のように発展、流布されてきた飯縄大権現は、高尾山薬王院に於いては不動明王の化身として崇められたりして、独特な神仏習合的存在として現在に至る、と謂ったところだろうか。ならば、二礼二拍手一礼だろうが黙して礼拝だろうが、其れ程問題は無いのかもしれない。

琵琶滝分岐の眺めの良い場所で小休止する。御不浄の為ケーブルカー駅迄歩いたら、溢れるほどの人だかり。ケーブルカーに乗る為に、数十分は待つであろう大行列だった。何故歩かないのか、などと思うのは余計なお世話だと承知しつつも、其の思いを禁じ得ない。

其の儘都会と変わらない普段着の人々とともに、一号路を下る。待望の金毘羅台に着いたら、果てしなく広い東京を遠望する。そして、誰も居ない山道に入って安堵しながらゆっくりと、高尾駅迄歩いた。

皆の、道中の懸案になっていた、帰りに絶対買おう、と謂うことになっていた「天狗パン」は、とうの昔に売り切れで、店員の上品な女性が、申し訳なさそうに謝るから、物は試しにと、プレーンな米粉パンを購入した。帰宅して食したが、なんとも謂えない、やさしい味がした。

« 断章的に。沼沢尾根から馬仏山~烏尾尾根から三ノ塔 | トップページ | 断章的に。大倉尾根往復の塔ノ岳~築瀬尾根を歩く »

中央本線沿線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/43744202

この記事へのトラックバック一覧です: ヤゴ沢ルートから小仏城山、そして薬王院飯縄大権現の謎:

« 断章的に。沼沢尾根から馬仏山~烏尾尾根から三ノ塔 | トップページ | 断章的に。大倉尾根往復の塔ノ岳~築瀬尾根を歩く »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック