« 大楢峠から鍋割山、奥の院、長尾平、日の出山、そして暮色の東京遠望。 | トップページ | 立野峠を越えて秋山二十六夜山 »

雪の開聞岳

Kmn


2011/1/3

かいもん山麓ふれあい公園(8:45)---開聞岳---かいもん山麓ふれあい公園(13:30)

錦江湾に沿って朝の国道を走り、喜入の石油コンビナート群を過ぎたら南国らしい風景の指宿に近づいてきた。未曾有の寒波による記録的積雪に見舞われた鹿児島県は、正月になっても雪は消えず、空はどんよりと鉛色である。海岸線から離れて山間に向かい、池田小学校を過ぎて峠を越し、湖に向かうところで真正面に、唐突にぽっかりと姿を現したのが薩摩富士の開聞岳だった。写真で見る開聞岳の、きれいな円錐形の印象ではなく、雪で白くなった頂は、なんとなくごつごつとした形に見える。池田湖に下っていったら開聞岳は姿を隠した。寂しい湖岸に、咲き始めた菜の花も侘しげに色褪せて居た。

山歩きを始めて以来の遠征であるが、勿論所要の間隙を縫っての機会である。鹿児島に来るのは三年ぶりで、妻帯してからの縁であるのだが、そのような帰省では殆ど自由行動をとる余裕がない。縁が出来て早十数年が経った今ならば、と謂う甘える気持ちと、山を始めてから初の帰省であるということもあり、今回は断固として一日を山に割くことに決めた。

其のような意気込みは全く個人的なもので、誰も気にも留めないのが現実なのであるが、しかし開聞岳迄どうやって行くのだと義兄が訊くから、指宿枕崎線の開聞駅から登るのですと答えたら、其れは現実的ではない、と云う。酒を酌み交わす勢いの末、俺が連れていってやる、と、有無を云わせない感じの兄貴風が吹いてきたから、断る余地が在る筈も無い。お蔭様で今回は自動車で麓迄連れていって貰えることになったと謂う次第である。

観光地然とした『かいもん山麓ふれあい公園』に到着し、身支度を整える。例年に無い積雪で、如何に低山の開聞岳と謂えども正月早々の登山者は居ないだろう、などと勝手に思っていた。公園の職員と思しきおじさんも、登るのかい、などと訊いてくる。しかし管理棟で登山届に記帳し、本日の欄を見ると、既に数名が出発済みで、殆どが関東や関西からの旅行者のようであるから、なんだか遅れをとったような気分になった。

公園を横切り、開聞岳に向かって登っていく舗装路に出て、登山口迄黙々と歩く。妻と義兄の足取りが存外に速い。私は真正面に聳える開聞岳を見上げたり、振り返って広がる麓の風景を眺めたりして、いつもとは違う高揚した気分で、ゆっくりと歩を進める。舗装路の突き当たりが登山口で、其の先は樹林帯にぽっかりと穴が開いたような狭い切通しのような登山道が真直ぐに続いている。真冬でも立ち枯れた風景ではなく、シダ類のような木々の緑が南国らしく思える。妻、義兄、私の順で黙々と進む。そして、私だけやや足取りが遅いのか、だんだん引き離されていく。三合目のベンチも減速せず通過。兄妹で地の利を誇示しているのだろうか。単独行の、重装備の男性をも追い越して、どんどん進んでいく。

Kaimon1

開聞岳は端整な独立峰で、其の佇まいもきれいな円錐形である。登山コースは向かって左方向に進み、徐々に弧を描くように右へと、ぐるりとループ状に登っていく。序盤の左方向への登りは鬱蒼とした樹林帯で眺望がないから、あまり弧を描いている感じがしない。やや湿った暗い赤土の道を歩く。兄妹二人組は、面白味の無い此の展開を早く進めようとするかのように飛ばしていくが、身体が温まってきて暑いくらいになったため、上着などを脱ぐために漸く小休止になった。休んでいる間に、先程追い越した黄色いレインウェアの男性が追いついてきた。通り際に、其の男性が、失礼ですがアイゼンは持っていますかと訊くから、無理なようなら引き返しますよ、と鷹揚に義兄が答えた。恐らく最後の北面は凍っていて無理でしょう、と云って男性は去っていった。

再開した後も先頭の妻の足取りは速く、程なく黄色いベテラン氏に追いつき、追い越してしまう。そしてふたたび喉が渇いて休憩してる間に追いつかれ、ベテラン氏は、箱根駅伝の人よりも早いですね、と苦笑混じりに云う。私は二時間半で登頂するけど、皆さんは三時間以上かかるであろう、と云って去っていった。事実なのかもしれないが、余り感じのよい科白ではない。

管理棟で貰った『開聞ガイドマップ』に記されているように、開聞岳の登山ルートには緊急の場合の救助ポイントが設定されていて、最初に現われる第4ポイントが五合目で、初めて眺望が開ける。曇天だが長崎鼻を挟んで錦江湾を見下ろす良景だ。くだんのベテラン氏がベンチに座ってスパッツを装着している。妻と義兄は束の間の休憩で出発する。私はもう少し景色を眺めていたかったが、仕方なくついていく。

其処から先は景色を眺めながら登るのかな、と思ったがそうではなく、ふたたび木々の中に潜っていくように、岩場も混じった険しい行程になった。途中で、既に登頂して下山してくる集団に遇う。高校生くらいの少年達で、頂上あたりは凍っているか訊いたら、平気です、登れます、という頼もしい答えが返ってきた。彼等は普通のスニーカーを履いていたから、とりあえず途中で撤退するという事態は回避できそうなので、安堵した。

第3救助ポイントの七合目でふたたび絶景の海が開けた。天候は回復しつつあるようで、空の色が明るい。何処迄も広がる水平線に見とれていたが、地元の兄妹はあっさり先へ急ぐように出発する。釈然としないまま、後ろ髪を引かれるように私も出発する。

此処から漸く積雪が残る道となり、木段も滑りやすいから油断のならない展開になる。ループ状に捲いて進んでいる実感が湧いてくるから、山頂に近づいているということなのだろう。仙人洞と謂う風穴を過ぎ、雪が増えて、泥濘の土と混在した不快な行程になる。相変わらず兄妹の足取りは変わらず、私は遅れ気味になる。途中、木の根に脚をかけて滑り、脛を打ってしまった。痛みに思わず蹲る。

高校生達は若さで登りきってしまったかもしれないが、思ったより雪が多い。凍っているわけではないからアイゼンは必要ないかと思われたが、いよいよ山頂間近の、大展望の第2救助ポイントを過ぎたら、凍結している箇所が増えてきた。恐る恐る踏む場所を選びつつ、慎重に登る。岩場になって、梯子段まで現われ、ロープを掴みながら雪の積もった梯子を、一段ずつ登る。其の戦々恐々な雰囲気は、滝子山の、あの寂ショウ尾根の比ではなかった。

開聞岳の山頂に着いた。空模様はふたたび怪しくなっていたが、薩摩半島を一望する北東方面の絶景だ。池田湖が九州で一番広い湖であるということが首肯できる。勿論全方位の眺望ではあるが、南側は山頂の林の向こうに広がっており、頂点からぐるりと眺める、という感覚ではない。冷たい風を受けて、殆ど寛げる状況ではなかったが、握り飯を頬張りながら、登頂の喜びに浸っていた。

かいもん山麓ふれあい公園を出発してから、二時間十五分で登頂した計算であった。暫くしてから、あの黄色いレインウェアのベテラン氏が登頂した。時計を確認したら、丁度我々よりも十五分遅れだったので、其れは其れで感心してしまった。

風は勢いを増してきているようで、佇んでいる所為か、寒さも厳しくなってきたような感じだ。さあ、早く下りて温泉だ、と云い義兄が立ち上がる。やれやれという気分で下山の途につく。下りは予想通り、凍った部分で難航して恐る恐る足を進める。第2救助ポイントの景色で立ち止まっているうちに、あの黄色いベテラン氏が追いついてきて、アイゼンを駆使して軽快に下っていくのを見送った。

それからは、先に行く兄妹に構わず、私はゆっくりと下りていった。ふたたび第3救助ポイントが現われる。天候はころころと変わり、今は雲間からの陽光が大海原に降り注いでいる。奥多摩の山間ばかり歩いていた私にとっては、茫然と眺める他はない光景だった。デイパックを降ろして岩に座り、煙草に火を点けて、ゆっくりと紫煙を燻らせた。

Kaimon2

独りで山林の中を歩き、五合目を過ぎて、漸く雪が無くなりかけた処で、靴の紐を締め直して、一気に駆け下りて行く。さすがに膝が痛いと云ってペースダウンした義兄に追いついた。最後の樹林帯に入り、ゆっくり下っていると、独りの男性が登ってきた。擦れ違いに挨拶を交わしたら、其の男性が、頂上は凍っていますか、と訊く。下りは難儀しますが登れますよ、と伝えたら、男性はほっとした表情で、そうですか、さっき、其の靴じゃ登れないって云われたのでどうしようかと思ったんですよ、と云った。

別れてから少し経って、あの人、あの黄色いおっさんに脅されたのかなあ、と呟いたら、どうもそんな感じだなあ、と、義兄と妻が、げらげら笑った。

別記

一月の覚え書き。

1/10
宮ノ平駅-要害山-天狗岩-赤ぼっこ-天祖神社-青梅駅
1/23
御嶽駅-日ノ出山北尾根-日の出山-高峰-御嶽駅
1/29
二俣尾駅-アタゴ尾根-三室山-梅の公園-梅ヶ谷峠分岐-要害山-赤ぼっこ-天祖神社-東青梅駅

« 大楢峠から鍋割山、奥の院、長尾平、日の出山、そして暮色の東京遠望。 | トップページ | 立野峠を越えて秋山二十六夜山 »

南九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243257/38685552

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の開聞岳:

« 大楢峠から鍋割山、奥の院、長尾平、日の出山、そして暮色の東京遠望。 | トップページ | 立野峠を越えて秋山二十六夜山 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック