« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

雪の開聞岳

Kmn


2011/1/3

かいもん山麓ふれあい公園(8:45)---開聞岳---かいもん山麓ふれあい公園(13:30)

錦江湾に沿って朝の国道を走り、喜入の石油コンビナート群を過ぎたら南国らしい風景の指宿に近づいてきた。未曾有の寒波による記録的積雪に見舞われた鹿児島県は、正月になっても雪は消えず、空はどんよりと鉛色である。海岸線から離れて山間に向かい、池田小学校を過ぎて峠を越し、湖に向かうところで真正面に、唐突にぽっかりと姿を現したのが薩摩富士の開聞岳だった。写真で見る開聞岳の、きれいな円錐形の印象ではなく、雪で白くなった頂は、なんとなくごつごつとした形に見える。池田湖に下っていったら開聞岳は姿を隠した。寂しい湖岸に、咲き始めた菜の花も侘しげに色褪せて居た。

山歩きを始めて以来の遠征であるが、勿論所要の間隙を縫っての機会である。鹿児島に来るのは三年ぶりで、妻帯してからの縁であるのだが、そのような帰省では殆ど自由行動をとる余裕がない。縁が出来て早十数年が経った今ならば、と謂う甘える気持ちと、山を始めてから初の帰省であるということもあり、今回は断固として一日を山に割くことに決めた。

其のような意気込みは全く個人的なもので、誰も気にも留めないのが現実なのであるが、しかし開聞岳迄どうやって行くのだと義兄が訊くから、指宿枕崎線の開聞駅から登るのですと答えたら、其れは現実的ではない、と云う。酒を酌み交わす勢いの末、俺が連れていってやる、と、有無を云わせない感じの兄貴風が吹いてきたから、断る余地が在る筈も無い。お蔭様で今回は自動車で麓迄連れていって貰えることになったと謂う次第である。

観光地然とした『かいもん山麓ふれあい公園』に到着し、身支度を整える。例年に無い積雪で、如何に低山の開聞岳と謂えども正月早々の登山者は居ないだろう、などと勝手に思っていた。公園の職員と思しきおじさんも、登るのかい、などと訊いてくる。しかし管理棟で登山届に記帳し、本日の欄を見ると、既に数名が出発済みで、殆どが関東や関西からの旅行者のようであるから、なんだか遅れをとったような気分になった。

公園を横切り、開聞岳に向かって登っていく舗装路に出て、登山口迄黙々と歩く。妻と義兄の足取りが存外に速い。私は真正面に聳える開聞岳を見上げたり、振り返って広がる麓の風景を眺めたりして、いつもとは違う高揚した気分で、ゆっくりと歩を進める。舗装路の突き当たりが登山口で、其の先は樹林帯にぽっかりと穴が開いたような狭い切通しのような登山道が真直ぐに続いている。真冬でも立ち枯れた風景ではなく、シダ類のような木々の緑が南国らしく思える。妻、義兄、私の順で黙々と進む。そして、私だけやや足取りが遅いのか、だんだん引き離されていく。三合目のベンチも減速せず通過。兄妹で地の利を誇示しているのだろうか。単独行の、重装備の男性をも追い越して、どんどん進んでいく。

Kaimon1

開聞岳は端整な独立峰で、其の佇まいもきれいな円錐形である。登山コースは向かって左方向に進み、徐々に弧を描くように右へと、ぐるりとループ状に登っていく。序盤の左方向への登りは鬱蒼とした樹林帯で眺望がないから、あまり弧を描いている感じがしない。やや湿った暗い赤土の道を歩く。兄妹二人組は、面白味の無い此の展開を早く進めようとするかのように飛ばしていくが、身体が温まってきて暑いくらいになったため、上着などを脱ぐために漸く小休止になった。休んでいる間に、先程追い越した黄色いレインウェアの男性が追いついてきた。通り際に、其の男性が、失礼ですがアイゼンは持っていますかと訊くから、無理なようなら引き返しますよ、と鷹揚に義兄が答えた。恐らく最後の北面は凍っていて無理でしょう、と云って男性は去っていった。

再開した後も先頭の妻の足取りは速く、程なく黄色いベテラン氏に追いつき、追い越してしまう。そしてふたたび喉が渇いて休憩してる間に追いつかれ、ベテラン氏は、箱根駅伝の人よりも早いですね、と苦笑混じりに云う。私は二時間半で登頂するけど、皆さんは三時間以上かかるであろう、と云って去っていった。事実なのかもしれないが、余り感じのよい科白ではない。

管理棟で貰った『開聞ガイドマップ』に記されているように、開聞岳の登山ルートには緊急の場合の救助ポイントが設定されていて、最初に現われる第4ポイントが五合目で、初めて眺望が開ける。曇天だが長崎鼻を挟んで錦江湾を見下ろす良景だ。くだんのベテラン氏がベンチに座ってスパッツを装着している。妻と義兄は束の間の休憩で出発する。私はもう少し景色を眺めていたかったが、仕方なくついていく。

其処から先は景色を眺めながら登るのかな、と思ったがそうではなく、ふたたび木々の中に潜っていくように、岩場も混じった険しい行程になった。途中で、既に登頂して下山してくる集団に遇う。高校生くらいの少年達で、頂上あたりは凍っているか訊いたら、平気です、登れます、という頼もしい答えが返ってきた。彼等は普通のスニーカーを履いていたから、とりあえず途中で撤退するという事態は回避できそうなので、安堵した。

第3救助ポイントの七合目でふたたび絶景の海が開けた。天候は回復しつつあるようで、空の色が明るい。何処迄も広がる水平線に見とれていたが、地元の兄妹はあっさり先へ急ぐように出発する。釈然としないまま、後ろ髪を引かれるように私も出発する。

此処から漸く積雪が残る道となり、木段も滑りやすいから油断のならない展開になる。ループ状に捲いて進んでいる実感が湧いてくるから、山頂に近づいているということなのだろう。仙人洞と謂う風穴を過ぎ、雪が増えて、泥濘の土と混在した不快な行程になる。相変わらず兄妹の足取りは変わらず、私は遅れ気味になる。途中、木の根に脚をかけて滑り、脛を打ってしまった。痛みに思わず蹲る。

高校生達は若さで登りきってしまったかもしれないが、思ったより雪が多い。凍っているわけではないからアイゼンは必要ないかと思われたが、いよいよ山頂間近の、大展望の第2救助ポイントを過ぎたら、凍結している箇所が増えてきた。恐る恐る踏む場所を選びつつ、慎重に登る。岩場になって、梯子段まで現われ、ロープを掴みながら雪の積もった梯子を、一段ずつ登る。其の戦々恐々な雰囲気は、滝子山の、あの寂ショウ尾根の比ではなかった。

開聞岳の山頂に着いた。空模様はふたたび怪しくなっていたが、薩摩半島を一望する北東方面の絶景だ。池田湖が九州で一番広い湖であるということが首肯できる。勿論全方位の眺望ではあるが、南側は山頂の林の向こうに広がっており、頂点からぐるりと眺める、という感覚ではない。冷たい風を受けて、殆ど寛げる状況ではなかったが、握り飯を頬張りながら、登頂の喜びに浸っていた。

かいもん山麓ふれあい公園を出発してから、二時間十五分で登頂した計算であった。暫くしてから、あの黄色いレインウェアのベテラン氏が登頂した。時計を確認したら、丁度我々よりも十五分遅れだったので、其れは其れで感心してしまった。

風は勢いを増してきているようで、佇んでいる所為か、寒さも厳しくなってきたような感じだ。さあ、早く下りて温泉だ、と云い義兄が立ち上がる。やれやれという気分で下山の途につく。下りは予想通り、凍った部分で難航して恐る恐る足を進める。第2救助ポイントの景色で立ち止まっているうちに、あの黄色いベテラン氏が追いついてきて、アイゼンを駆使して軽快に下っていくのを見送った。

それからは、先に行く兄妹に構わず、私はゆっくりと下りていった。ふたたび第3救助ポイントが現われる。天候はころころと変わり、今は雲間からの陽光が大海原に降り注いでいる。奥多摩の山間ばかり歩いていた私にとっては、茫然と眺める他はない光景だった。デイパックを降ろして岩に座り、煙草に火を点けて、ゆっくりと紫煙を燻らせた。

Kaimon2

独りで山林の中を歩き、五合目を過ぎて、漸く雪が無くなりかけた処で、靴の紐を締め直して、一気に駆け下りて行く。さすがに膝が痛いと云ってペースダウンした義兄に追いついた。最後の樹林帯に入り、ゆっくり下っていると、独りの男性が登ってきた。擦れ違いに挨拶を交わしたら、其の男性が、頂上は凍っていますか、と訊く。下りは難儀しますが登れますよ、と伝えたら、男性はほっとした表情で、そうですか、さっき、其の靴じゃ登れないって云われたのでどうしようかと思ったんですよ、と云った。

別れてから少し経って、あの人、あの黄色いおっさんに脅されたのかなあ、と呟いたら、どうもそんな感じだなあ、と、義兄と妻が、げらげら笑った。

別記

一月の覚え書き。

1/10
宮ノ平駅-要害山-天狗岩-赤ぼっこ-天祖神社-青梅駅
1/23
御嶽駅-日ノ出山北尾根-日の出山-高峰-御嶽駅
1/29
二俣尾駅-アタゴ尾根-三室山-梅の公園-梅ヶ谷峠分岐-要害山-赤ぼっこ-天祖神社-東青梅駅

大楢峠から鍋割山、奥の院、長尾平、日の出山、そして暮色の東京遠望。

2010/12/23

白丸駅(11:00)---上坂---大楢峠---鍋割山---奥の院---長尾平---日の出山---三室山---日向和田駅(16:20)

12/11二俣尾駅から辛垣山、青梅丘陵経由青梅駅12/12鳩ノ巣駅から杉ノ殿尾根経由本仁田山、大休場尾根経由奥多摩駅。12/21二俣尾駅から辛垣山、青梅丘陵経由東青梅駅。以上12月の覚え書き。

ホリデー快速も終わってしまった時刻に中央線のホームに立ったら青梅特快がやってきたので、此れも何かの思し召し、という気分で乗り込んだ。今日も奥多摩方面の何処かに向かう。うたた寝して目が覚めたらもう羽村で、眩しい陽射しを浴びた暖かい車内はガラガラに空いていて、非常に心地がよい。終点青梅に近づいて、女性車掌のぶっきらぼうな声の乗り換え案内が不明瞭だなと思ったら、指導員と思しき男性車掌のアナウンスが補足され、奥多摩行き電車は僅か4分後という接続の良さだった。此れでは毎度楽しみにしている駅蕎麦「想ひ出そば」を食べる時間がない。時刻表を見たら其の次は30分後迄電車が無いことが判ったので、仕方なく諦めて電車に乗った。

久しぶりに味わった緊張感と達成感。其れが前回の日ノ出山北尾根であった。今日も出発が遅いとは謂え、トントン拍子で奥多摩行きの車中に居た私は気が大きくなった。『山と高源地図2008年版・奥多摩』には赤い破線でもなく微かなグレーの破線で記されている、大楢峠から鍋割山への直登のコースを経験してみたいと思っていた。過去に歩いた経験のある、鳩ノ巣駅から越沢(こいざわ)経由の大楢峠と謂うコースが先ず浮かんだが、未踏である上坂(あがっさか)集落からのコースを試してみたいと謂う気持が高揚してきた。私は、快晴の、其れでも相変わらずひっそりした白丸駅で下車した。

あっけらかんとした陽光が眩しい。国道を経て、数馬峡橋に下りた。日向と陰の境界が丁度橋の真ん中を走っている。其のコントラストの激しさで、多摩川の渓流の風景は真っ暗に見えた。山側のウォーキング・トレイルコースに入り、整備された道を行くが、肌寒くて薄暗いから、否応なしに駆け抜ける。林道海沢線を臨む集落に入り、指導票が頻繁に現われる。しかし、其の殆どは「海沢」「三つ釜の滝」「奥多摩駅」と謂うものばかりで、大楢峠の文字は見当たらない。五万分の一地図の大雑把な表記を頼りに、立派な海沢線を歩く。アメリカ村キャンプ場の看板は海沢方面だから忌避して、土木工事で重機が跋扈している本線を、不安になりつつ歩いて行く。勾配が急になり、相変わらずの舗装路だが、上坂集落に入ったようだ。少し汗ばんできた頃に、畑で作業中の老人男性が居たので、大楢峠は此の先ですか、と訪ねた。マスクをした其のおじいさんは、遥か下方を指して、あっちだ、と云う。此の道では無いのかと私は動揺して、戻るのですか、と訊いたら、此の先に右に下りる道がある。其のうち御岳山が見える、と云った。

マスクの所為なのかどうか定かではないが、おじいさんの言葉は不明瞭だった。しかし、私は其の言葉に従おうと思って歩き出そうとした。しかし、未だ何かおじいさんが云っている。なんだろうと近づいて行った。彼は改めて、少し大きな声で、「来るのが遅いんじゃないか」と、云った。

指摘されれば其の通りで、私も、惰性で遅い時刻に出発する昨今の自分に、少し山を舐めてるのでは、と自戒の念を覚えてはいたつもりである。私は素直に、なるべく早く下りるようにします、と云って別れた。

程なく右に狭い石段が急激な下りで集落に向かって分岐していた。私は其処に進路を取り、みるみるうちに下降していった。再び舗装路に出て、先に進むと、其処はアメリカ村キャンプ場の入り口だった。私は徒労感に塗れた儘立ち止まった。やはり先程の道を進んで行くのが正解だったようである。あの爺い奴、と謂う感情が沸き起こったのは事実だが、彼は車道でもある、海沢園地経由の大楢峠という道筋が正しいと思い、私に教えてくれたのだろうと、思い直すことにした。

ふたたび集落の軒先の脇道に入り、先程のポイント迄登る。此の疲労感は格別だった。ふたたび舗装路を登り始める。民家の軒先で作業している老人男性が居たので、また尋ねてみた。此の儘登って行けば標識が在ると云った。少し幅広の地井武男みたいな顔をした其のおじいさんは、口数が少ない分だけ説得力があるような気がして、私は少し回復した。

奥多摩霊園の看板が現われて、参詣の人影が見え隠れしてきて、私はふたたび不安になったが、程なく山道の分岐が現われ、指導票に「大楢峠」の文字を確認して安堵し、漸く本日の第一歩を踏み出した。北面の暗い植林の中を延々と歩を進めて行くと、右斜めに強い日差しのシルエットで山稜が見える。其処に出たら、一挙に展望が開ける。氷川の町を囲む山々。右手に大規模な伐採をされた山肌が見える。其れは花折戸尾根で、その上に端整に、本仁田山が聳えている。

相変わらずの樹林帯だが、陽射しと木立越しの風景で、漸く快適な山歩きになった。そして登り詰めた処に指導票があったので、大楢峠が近いのかな、と思ったら、其れは城山からの尾根道からの合流点だった。緩やかな道になって暫く歩いても、中々大楢峠に辿り着かなかった。後で地図を確認したら、城山の道もグレーの破線で記されている非合法な登山道のようだった。

漸く見覚えのある巨木が現われ、大楢峠に着いた。白丸駅を出てから、一時間十分が経過していた。海沢園地から来た軽トラックが駐車してあり、興醒める。其れにしても、上坂での彷徨もあってか、私は疲労というよりも、空腹感によって憔悴気味だった。青梅の駅蕎麦を逃してしまったのも大きな要因である。鍋割山で食べようと思っていた今日唯一の食糧であるカップ麺を、此処で食べることにした。時刻としても賑わっていておかしくない大楢峠だが、年配の登山者三名を見ただけだった。師走の慌しい頃であるから、其れもあるかもしれないな、などと思いながらカップ麺を啜る。ものすごくしょっぱいスープ迄飲み干してしまう。此の状況だから塩分補給として道理のように感じるが、日常でこんなものを食べるのは、かなり危険なことのような気がする。

単独行なので其れ程休憩を必要としないから、食べ終わって煙草を燻らせたら直ぐ出発する。以前、大楢峠から御嶽山に行った時、此の鍋割山へのルートの存在は知っていて、其の取り付きはどんな様子だろうと思って探したことがある。此れは、という感じのところがあったはあったが、今ひとつ確信が持てないでいた。今回はいよいよ注意して其処を見極めなければならない。大楢峠から御岳山方面に歩いて直ぐ、右手にぽっかりと樹木の無い入り口が見えた。道ではないが、急斜面の山肌に向かって切り開かれたルートに見える。私は恐る恐る其の方向に進路を向ける。

落穂の急斜面を登るが踏み後は明瞭で、鍋割山への尾根は枯木によるものもあってか明るい斜面だった。日ノ出山北尾根の時のように、誰も居ない静かな枯葉の道を行く。やはり今日も独りか、と思ったら、遥か下方の、道になっていないような処を、枯葉を掻き分けて降りて行く人を見かけた。急勾配が落ち着く頃、振り向いてみたら、少し道筋が判別し難いような気がした。くだんの人は此処で道を逸れたのだろうか、と思った。

露岩が目立つようになった頃、左手に山稜が広がり、電波塔のある大塚山が判り易い。急勾配を繰り返すたびに交互に左右が開けてくる。相変わらず本仁田山とゴンザス尾根がどっしりとした威容で見えるが、徐々に鋸山の長い山稜が立ちはだかり、其の奥に奥多摩の、さらに奥の山々が薄ぼんやりと眺められる。手前に立つ天地山は其の背景である鋸尾根が近い所為もあって、鋸尾根から見るときの端整な形が判り辛い。海沢探勝路を抱く大岳山への山容が、途轍もなく近くに迫っている。私は、私が思っている以上に奥深く迄歩いてきているという感覚に襲われた。

暫くしてふたたび左方面が開けて、御嶽山の壁が直ぐ間近に現われた。突起した岩山に松の木が装飾されたように生えているのが奥ノ院で、此れは此処からの眺めが最も端整に見える。尤も、奥ノ院の後頭部を眺めているような、そんな風にも見える。また登りがきつくなったような感触になるが、木々はまばらになって明るくなり、細い踏み跡を辿っていくと、なんとも突然に峠のような山道の途上に合流した。立派な指標は、大岳山と奥ノ院を記してあり、此処が鍋割山の頂点なのであった。指標に粗雑な字で山の名が書いてあったが、其のような扱いの如く、単なる分岐点のような、落ち着かない場所ではあった。

少しの休憩で、直ぐに奥ノ院を目指して急降下する。走り易い道なので時間を稼ぎ、やがて岩場にぶつかると、其れが先程鍋割山への尾根から眺めた、奥ノ院の後頭部である。いや、側頭部あたりだろうか。隆起した御嶽山のトップ迄、岩に摑まりながら登る。今日の行程では、此れが初めての、登頂という感触だった。

静寂な様子の山頂には意外にも、かなりの高齢な御夫婦が居て、記念写真を撮っていた。軽く挨拶をして祠のある山名板から離れて、東方に開けた関東平野の景色を眺めた。冬晴れの透明な空気で、遥か彼方迄も見渡せる。気がついたら、隣に奥さんの方が立って居て、これは見事な眺めね、と、誰ともなく云った。私もごく自然に、東京スカイツリーが見えていますね、と云った。そうしたら、エッ、と大きな声で奥さんが驚くので、遠くに群居している副都心の高層ビルの、やや左手に立つ黒い棒みたいなものを示して説明した。老婦人は、あなたあなた、ほらほら、と御主人を呼んで自慢気に、スカイツリーなのよ、と説明する。

微笑ましいくらい愉しそうな二人の様子に、私も其れが伝播したのか、なんだか饒舌になってしまった。「スカイツリーの先っぽは、あの塔の中で造られて居て、其れを引っ張りあげるそうです」と、俄か仕込みの薀蓄を披露すると、ほおう、とか、へえ、と、二人が随分感心してくれる。御主人が私の足元を見て、あなたはそんな運動靴で登ってきたのか、と云う。私は、よくぞ訊いてくれました、と謂った感じで、此れは凡庸な運動靴に見えるかもしれませんが、実は……と、トレイル・ランニング用シューズの説明を行なったりした。話が弾んでしまった勢いで、南方向に丹沢が遠望できますよ、と云うと、あらあなた、あれ丹沢だって、と、素直に反応してくれるから、大山から蛭ヶ岳迄の山々をなぞって説明した。そんなわけで、奥ノ院の頂上に随分と長居をしてしまった。

御岳山には何度も来たことがあるのに、初めて登った奥ノ院は、普通の恰好の行楽客では少し難しいと思われる急な登りのように思えた。御夫婦と別れた私は、長尾平方向に駆け下りていった。トレランシューズを自慢した手前、同じ方向に下りる御夫婦の視界に居る間を、無理に小走りで下っていたら、危うく転倒しそうになった。体勢を整えて胸を撫で下ろしながら歩き、見覚えのある石碑と立派な鳥居が現われて、漸く通常のコースに合流した。

大楢峠からのマイナールート、そして奥ノ院での展望を満喫したので、既に終盤のような雰囲気が私を支配していた。あとは何処から降りて行くか、と謂う思案でのんびりと歩いていたら、長尾平の分岐に着いた。何度も通過しながら一度も長尾平の突端迄行ったことがないな、ということに気づいて、私はふらふらと茶屋の前を右折し、大勢の人々が宴会をしている、大きく開けた公園のような広場を進んだ。

整備されたベンチが並ぶ丘の先が突端の展望台で、其処からも先程の奥ノ院からと同じような展望を望めることができた。左手に日の出山を置いているので、地平線が遮られてしまっているから、やはり奥ノ院からの眺望に軍配が上がるな、などと思った。そして、日の出山を目の前にした所為か、此処からは勝手知ったる道を走って、日向和田駅に下りるというコースに決めた。そうして、踵を返してふたたび長尾平の真ん中を歩いていたら、突然に空腹を覚えた。駅蕎麦抜きの影響が唐突にやってきた。デイパックの中に食糧は無いと思ったら、虚脱感とともに腹が鳴った。

御嶽神社の立派な石段を下りて山門をくぐって、御土産屋が軒を連ねる閑散とした参道に辿り着き、私は何処の店に入るかと躊躇した。師走の後半ではさすがの御嶽山も行楽客が少ない。迷っているうちに店が尽きてしまいそうになり、いちばん御土産物屋然とした構えの駒鳥売店に飛び込んだら、おばちゃんとおばあちゃんと、親戚の娘さんみたいな人が暇を持て余しておしゃべりしていた。そしてお客が入ってきたと気づいて、慌てて片付けを始めながら歓迎して呉れた。

ストーブの暖かさがあまりにも快楽的な店内の、いちばん奥の窓際の特等席に座って、味付けの濃いカツ丼を貪るように食べた。店内からの眺望は、奥ノ院からは見えなかった、やや北東寄りの景色で、地平線には鯨のような横長の筑波山が浮かんでいる。満腹になってすっかり弛緩して、何杯もお茶をおかわりしながら、店のおばちゃんと長話をしてしまったから、大勢のお店の人に見送られて参道に戻った私は、此れから自分が何処に行こうとしていたのかを、思い出さなければならなかった。

陽は時折山陰に隠れて、緩やかなハイキングコースは鬱蒼とした雰囲気に包まれかけていた。食後の散歩みたいな気分で日の出山への道をゆっくりと歩いて行く。其のうちに若い男女のグループに追いついてしまうが、八人くらい居るので、追い越すのも面倒だったから、結局其の集団の後に続いて、ゆっくりと歩いた。東雲山荘が見えたらもう階段を登るだけで日の出山である。賑やかな若者たちが去って行くまで間を取るために休憩し、煙草に火を点けた。日蔭の山間が徐々に薄ら寒い雰囲気を醸し出してきて、身震いしながら、ふたたび鈍重に動き出す。整備された木段を登る足取りが心なしか重い。そうして、日の出山の山頂に着いた。

午後三時を過ぎたくらいの時刻で、頂上には其れでも単独の人が数人佇んでおり、もっとも賑やかなのは先程の若者グループだった。赤味を帯びた夕暮れの光をバックに、日の出山から眺める東京の風景は格別で、スカイツリーも相変わらず、唯一突出して立っていた。皆が携帯電話のカメラを、ジオラマみたいな東京に向かって掲げていた。私も、恍惚となった儘、暮色の東京を、見つめて居るばかりだった。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック