« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年8月

風に吹かれて・大倉尾根往復

2010/8/15

大倉(8:30)---堀山の家---花立山荘---塔ノ岳---花立山荘---駒止茶屋---大倉(14:20)

記録的猛暑というのも慣用句的な表現だが、朝夕も湿気と生温い風の不快な日が続く。こんな時に丹沢の莫迦尾根を往復しようというのもトレランシューズの推す力の故なのだろうか。お盆なので私は生家に帰っていて、場所は神奈川県横浜市の某所である。横浜市営地下鉄の駅迄朝六時過ぎに歩いていたが、朝の清々しさとは程遠い、今日も酷暑は変わりないというのが明らかな暑苦しい空気だ。

新宿からいつも通りの電車でやってくるMとの時間を合わせる為に調べた結果、出発時刻が却って早いというのが理不尽である。終点の湘南台駅に着いて、渋沢迄の切符を買おうと思って路線図を見たら、新宿迄の料金と同額なのを知り、なるほどと首肯した。途中で相模鉄道に乗り換えてショートカットする形で海老名に至るという選択肢はあったが、其の儘新宿行きの急行に乗り続けて相模大野で降りる。丁度接続する小田原行き急行の最後尾車輌に乗ったら、当たり前のような感じでMが居たから其れが不思議な感じだった。

乗馬倶楽部から分岐して山道に入っても、登山者の姿はまばらだった。実母の作ってくれた握り飯が予想外に巨大で驚いたので、其れをどんぐりハウスでMと二人で食べたりしていたから、出発は少し遅れたのだが、観音茶屋の手前で、先に出発していた人々の姿を捕らえた。雑事場の平に至るジグザグ道で次第にペースを上げて、尾根に辿り着いたら休憩している人が大勢いて少し驚く。暑さの所為か、休み始めると歩き始める迄のインターバルが長引いてしまうのだろうか。其れでも、何度も大倉尾根をひたすらに淡々と往復していると思しき年配の単独の人はいつも通りに見かけることができる。彼らは殆ど休まず、ゆっくりとしたペースで歩き続けている。私はいつも彼らを足早に追い抜くが、ひとつの登りを終えて休んでいるとやがて追いつかれて、其れを繰り返して、結局塔ノ岳頂上には殆ど同じ時刻に辿り着く。其れも私のペースであり、彼らのペースでもあるのだ。私は自分が、あと二十年くらい歳をとって、どんなペースで登っているだろうかと、大倉尾根を歩いていると、其の途上でいつも考える。

尾根に出ると少し風が強くなって、疲れが抜け落ちていくような気持ちがするような涼しさだ。見晴茶屋からの急な階段から、緩やかに続く登りが過酷なのは、やはり暑さの所為だ。一本松を過ぎて現れるベンチにまた座り込んでしまう。冷凍してきたゼリー飲料を飲んで漸く立ち上がる。装備も靴も軽いのに足取りは重い。駒止茶屋の手前の急な階段で、小刻みでゆっくりだが、走り続けるトレラン姿の男性に抜かれる。此処を走り続けられるということに驚嘆する。唖然とする私の神経が弛緩していくのが分かる。

ベンチが現れたら待ってましたとばかりに座り込み休憩する私にMも違和感無く倣っている。ゆるやかな尾根を歩き、堀山の家には、其れでも一時間半くらいで到達した。私がいつまでも出発する気配を見せないので、とうとうMが痺れを切らしはじめた。惰性のような感じで花立へと向かう。もう駄目かも、と思うほど無意識のように脚を交互に前に繰り出しているだけの私だったが、不思議なことに少しずつ疲労感が抜けていくような感覚が現われて、ペースが上がっていった。そうしたら、あのトレラン姿の男性が遠く、歩いているのが確認できた。やはり長時間の休憩をとったのだろう。トレイル・ランニングの山登りのペースは、そのようなものなのだろうかという疑問が湧きあがったので、Mに訊いてみた。彼は詰まらなさそうに、一人で登ってる時もよくトレランに抜かれるけど、大抵は彼らが休んでる処を抜き返すよ、と言った。敵愾心とまではいかないが、大したことねえよ、というようなニュアンスが感じられた。私の疑問はさっぱり氷解しない。

天神尾根分岐から天国への階段を登りきったら、其処は灼熱地獄の休憩場所だったが、構わず木陰に走り寄りへたりこむ。淡々と歩く年配の男性が数人、女性が二人くらい。そして女性二人と男性一人の若者グループが、我々と同じようなペースで、所々で抜いたり抜かれたりしている。若い女の子たちは瀟洒なコーディネイトの登山ファッションだが、この暑いのに莫迦尾根にやってくるのだから、あながち恰好だけの山ガールとは思えない。自分があのような年齢の頃は、こんな行為は金を貰ってもできなかっただろうな、と、私は妙な感慨に耽る。

かき氷に吸い寄せられて行く若者たちで賑わう花立山荘の前のベンチで、直射日光を手拭いで遮りながら、いつまでも座り込んでいた。干からびた肉体と、朦朧とした思考で、缶麦酒の品書きの看板を眺める。世界一旨い麦酒が、おそらく此処で飲めるのだろう、と思った。誘惑に陥落しようとしたら、Mに釘を刺されてしまい、諦めて出発する。文字通り後ろ髪を引かれるような思いでガレ場を歩き続ける。そうして広大な花立山の周縁を、バッタが二足歩行しているような感じでゆらゆらと歩き続けて、薄暗い金冷やしに辿り着いた。此処は確かにヒヤッとするね、とMが言う。そんな気がしないでもないが、駄洒落のようなことを言われて、却って苛々するような気分にもなる。冗談ではなく本気で言ってるような感じが、何だか共感できない。

休んでばかりいたから、塔ノ岳に登頂した時は、既に三時間が経過していた。相模湾が薄ぼんやりとしか眺められず、富士山は此処迄一度も見ることができなかった。私は、だからというわけではないが脇目も振らずに尊仏山荘に駆け込み、缶麦酒を買い求めた。二人で乾杯して、呆れるくらいに喉に流し込んだ。缶があまり冷えていないので不服だった。やはり花立で飲むべきだった、と、まるでどうでもいい後悔をした。実母の作った巨大な握り飯は、どう考えても食べる気にならないほどバテていて、正直言って持て余していた。友達の分迄、と用意された握り飯は未だ半分以上も残っている。お袋にも困ったものだよ、などと、道中でMに溢していた所為もあってか、山荘の中で少し休んでから、Mは、なんだか食欲が出てきたよ、と言って其れを平らげてくれた。彼の人情味に、私は少し感激した。

山荘で流れていた高校野球中継のラジオが、全国戦没者追悼式に切り替えられた。国歌の後の首相の式辞が、なんだか薄っぺらく聞こえた。小屋の中では、ベテランらしき年配女性三人組が自慢気にヒマラヤに登った時の話をしている。其れも何だか薄っぺらい感じがした。我々は、ごく自然に、どちらからともなく、もう行こうか、といった感じで小屋を出た。南側から急激に靄がたちこめて来て、其れは程なく西丹沢の方角からも包囲するように現われ、徐々に蛭ヶ岳まで隠そうとしている。靄で白くなった空に、蜻蛉の群れが舞っていた。

大倉尾根の帰路では、多くのトレイル・ランナーたちと擦れ違い、または追い越された。突然、俄かトレランシューズの私にも闘争心が湧いてきて、花立から堀山迄、遠ざかるトレランの人を追って走ってみた。私はサロモンを盲信して軽快に下っていたが、岩場で何度も滑って転びそうになった。忘れかけていた大倉尾根での転倒事故を思い出して、私は急に我に帰って立ち止まった。振り向いたら、Mの姿は無くて、暫く待ち続けた。

其れからは、適度に早いペースで、いつものように丹念に来た道を辿って下りていった。冗長に続く下りに少し飽きてくる頃、最後の急階段が現われて、見晴茶屋の前を通り過ぎる。雑事場の平迄の気持ちの良い尾根道に入ったら、目が覚めるような強風だった。木々に遮られているから適度に強い風が身体に吹きつける。天然の扇風機に全身で浴びてるような気分だった。汗に塗れた手拭いをデイパックの背に括り付けていたが、其れが旗のようにたなびいていた。

Mは、なんだか水の中を泳いでいるようだ、と言って、風上に向かって手を広げ、クロールで泳ぐような動きをした。あまりの心地よさに、尾根から外れるのが名残惜しくなるような気分だった。手拭いを掲げて風にたなびかせている私と、両手をばたばたさせて、気持ちいいなあ、などと、誰に向かってでもなく呟いている男を、苦笑したり、あるいは目を背けるようにして、次々と下山者が、雑事場の平を通過していった。

昼下がりの大倉尾根で、風に吹かれていつまでも佇んでいたから、結局下りも登りと同じ、三時間を要していた。早いも遅いも無い。そんな当たり前のことが、改めて自分の身体と脳裏に、染み込んでいくような気がした。

トレランシューズで二俣尾駅から三室山。梅郷から青梅丘陵入口経由宮ノ平駅迄。

2010/7/25

二俣尾駅(10:30)---アタゴ尾根---三室山---梅の公園---日向和田駅---青梅丘陵入口---宮ノ平駅 (13:30)

此の質素な文字だらけの当ブログにもちょっとした数のアクセスがあり、調べてみたら検索キーワードによる「メレル スイッチバック 足首 痛い」というのが大多数を占めていた。登山靴を買ったのに痛くて辛いという仕打ちに遭い、藁をも縋る思いで情報を求めるという気持ちは痛いほど解るからこそ、何の情報価値も無い、独りよがりの文を目の当たりにされたであろう諸賢の不幸に対しては、底知れない贖罪の念が交錯して、複雑な思いである。

メレル・スイッチバックは、その後の記録にも少しずつ言及しているが、足首痛は殆ど解消されている。結果論として、登山靴の違和感や痛みに対する処方は、自分の肉体が其れに慣れていくというのが唯一の道筋なのではないかと感じている次第である。登山靴と付き合うことには、此のような宿命があるのでかもしれない、と、非科学的ではあるが思う。

其のような心境で俯いて山歩きをしていたら、低い山で頻繁に行き交う、トレイルランニングの方々が履いている軽くて快適そうな靴に興味を持ち始めた。雨期に泥濘の道を歩くには堅牢なスイッチバックが頼りになるが、私のような日帰り必至の、できればバスにも乗りたくないという億劫な動機で駅から登って駅に降りるというようなコースばかり歩いている者にとって、斯様なトレランシューズを履くのが理に適っているのでは、という理屈が徐々に形成されていったのである。勿論物欲に対する態のよい言い訳に過ぎないが、今回購入したのはサロモン社の「XA PRO 3D ULTRA GTX」という長い名前の商品である。「XT WINGS GTX 」というのが最新型のようであったが、店内で其の二種類の靴を手にとって眺めていたら、3Dの方がなんとなくシルエットが丸みを帯びていて、ランナーという鋭利なイメージと一線を画すような可愛さが其のデザインから感じられた。

トレイルランニング用の靴を買ったからといって、必要以上に山道を走りたいという欲求を持ったわけではない。柔らかくて堅牢で軽い靴を履いて山に登ってみたら、どんなに快適なのだろうかという想像をしただけに過ぎない。そして、酷暑の週末に、私は独りでホリデー快速奥多摩行きに、デイパックの軽装で乗り込んだ。

以前家族を連れて日の出山へと登ったことがある、二俣尾駅からアタゴ尾根の思い出がとても良かったので、軽快な山行きの目的地を、其の手前の三室山へと照準を絞った。昨夜の酒が残って、思ったとおりの時刻に目覚めることができなかったから、青梅駅での接続の悪さも加わって(ホリデー快速奥多摩行きの途中駅での乗り換えは、此れは意図があるのかと思うほど待たされるような気がするが如何なものだろうか)、二俣尾の駅に降り立ったのは既に午前十時半に近い時刻だった。

凡庸な日常の残滓が、灼熱のアスファルトの上を歩く自分の肉体から汗となって流れ出していく。奥多摩橋を渡り、国道のバイパス線を無心で歩くと、コンビニが現れて愛宕神社の入り口が現れる。門前のような雰囲気の古びた鳥居をくぐって、長い石段を一息に登ると神社の本殿に辿り着く。振り返ると二俣尾の町が見渡せる良景であるが、真夏の太陽が容赦なく照りつけるので眼を細めて一瞥するだけである。手を合わせて無事を祈願して、神社の左端から始まる登山口に向かう。

登り始めから少し急だが、単独故に一気に歩き続ける。やがてジグザグの山道になって、お遍路の八十八箇所を縮小して摸した石仏が折り返し点ごとに現れる。八十八番目まで直ぐに到達すると、その先は何故だか鬱蒼として植物が繁茂した登山道に変貌した。突発的に降った雨の所為か、道は若干泥濘の様相だが、サロモンの靴は非常に安定していて、滑る気がしない。やがて鉄塔の在る開けた箇所に着いた。気持ちは昂ぶっていたが、立ち止まると疲労が一挙に押し寄せてきた。あまりの暑さで枯渇寸前の私はスポーツドリンクを大量に飲んだ。

軽微なハイキングコースの筈だが、酷暑の道では誰にも会うことがない。靴の快適さに我を忘れるくらい、私はひたすら歩き続けた。途中、愛宕山と、其の奥ノ院へと向かう道が過剰に繁茂していたから、左の巻き道へと進路を取る。山の上に在る愛宕神社奥ノ院は、兵どもが夢の跡、といったような佇まいが好きだったのだが、今日はひたすら歩きやすい道を速度を上げて歩くという欲求が増してきている。巻き道は不安になるくらい今迄の目指していた方向から遠ざかっていき、平坦な道が山腹を刻んでいた。どうしたものかと歩きながら考えていたら漸く指標が現れ、右にクイックリターンに近い方向転換をして尾根道に入った。私は少しだけ、奥ノ院を逸れたことを後悔した。

草むした急な登りが終わって、本来の道と合流した。暫く緩やかな道が続き、本来ならトレイル・ランニングにうってつけのコースだろうと思いつつ、発汗と水分補給の繰り返しで著しく体力を消耗した私は、フラフラと足を交互に繰り出すだけの有様だった。やがて見覚えのある三室山直下の分岐点に辿り着く。巻き道の日の出山方面を眺めながら、三室山へと登っていく。遠くで人の声がする。少し身構えつつ緩やかな登りが続き、明るくなったなと思ったら其処が三室山の頂上で、北面の二俣尾の町、そして青梅丘陵が箱庭のような感じで見下ろせる。地形的には眺めの良い峠のような処だった。声は聞こえてきたけれども、人が此処に向かってくるような気配は無かった。

時計を見たら駅を出発して約一時間強が経っていた。トレランシューズを履いてサポートタイツを穿き、Tシャツにデイパックという軽装なので、時間が許すならば日の出山を目指し、あの山岳耐久レースのラストを飾るという金比羅尾根を延々と走ったり歩いたりして武蔵五日市駅まで辿り着いてみたい、という欲望があった。此処迄のペースは申し分ないものだと思うが、恰好だけのトレイルランナーである。精神的限界は呆気なく訪れた。若しかしたら巻き道に進み、何も考えずに日の出山に向かっていたらどうなっていたかわからない。しかし、ひとつのピークに達してしまったら、モチベーションは脆くも崩れ去っていく。其れが実感として四肢から湧き上がってくる。

吉野梅郷への指標に忠実に、整備された山道を下りはじめた。負荷が無くなって、見違えるように私の脚は重力の儘に加速した。途中、老夫婦が休憩している処を挨拶しながら通過し、急な下りに差し掛かった処でダブルストックで抜き足差し足のような感じで降りて行く若者をパスして、空気が纏わりつくように蒸し暑くなったら梅郷と梅の公園の分岐する指標が目に付くようになる。初めての道を脇目も振らず駆け下りてきたから、一瞬躊躇するが、目指すのは梅の公園方面で、其処から日向和田駅へと戻って行くのが朦朧とした頭の中で唯一決まっているテーマだ。

麓へと近づき、住宅街が直ぐ其処に見える処迄来たら、繁茂が激しくなってきた。真夏に此処を歩く人の少なさが一目瞭然であった。登山道が終わり、ベンチが眺望に併せて配置してある広場に降り立ち、安堵して麦茶をひたすら嚥下する。真上から照りつける太陽。青梅丘陵の山々を背にした町の風景は、激しい暑さに、じっと耐えて無言の儘で、蝉の声がノイズのように覆われている。私は日陰のベンチに座り、格別に吸いたくもない煙草に火を点けて、茫漠とした思いに浸る。疲れているのか、いないのか、自分の肉体が自分で感じることができないような気がして、少し不思議な気持ちになった。

梅郷から日向和田駅迄、観光地らしい土産物屋に飲食店が点在している道のりを干からびる寸前のような風体で通り過ぎる。多摩川を見下ろすとたくさんの人間が気持ちよさそうに水遊びに興じている。時刻は正午を少し過ぎたばかりで、民家からNHKのど自慢の音が流れてくる。日向和田駅で用を足し、好んで自らを鞭打つように、今度は青梅丘陵へ上がり、青梅駅迄歩いてみようと思い立つ。地図を見てもどうやって山へ入るのか判然としない儘、宮ノ平方面に線路沿いの集落を歩くが、青梅線がトンネルに吸い込まれていくのに山へ入る道が見出せないから、やっと冷静になって地図を眺めたら、漸く石神前方面から車道が青梅丘陵の方向に伸びているということが判った。其れでも徒労に落ち込むということはない。考えてみたら、山に登る私自身の行為其れ自体が徒労ではないと、誰が言えるのだろうか。

ふたたび舞い戻った駅で顔を洗い、電車が数分後に来るならば、もう其れで帰ろうと思った。しかし、次の上り電車の時刻表を見たら二十分後迄無い。私は駅舎を出て、石神前方面に国道を歩き始めた。

漸く右に曲がって線路を越えて、集落に入ったら、青梅丘陵ハイキングコース入口の指標が現れた。民家の脇の山肌を縫っていくような道で、日当たりが良いから植物の繁茂が著しい。登山道らしくなってきたな、と思ったら背後に踏切りの音が鳴って、電車が億劫なテンポで線路を走る音が聞こえてきた。くだんの上り電車が漸く到着しつつあるのだった。暑さは山林の中に入っても軽減されず、私はとうとう歩く気力を失いかけてくるのを感じた。

ハイキングコースにしては鬱蒼として荒れた登りをこなしたら、指標が現れて、其れは青梅鉄道公園、矢倉台への道標だった。私は既に諦めていたので、古びた指標の、宮ノ平駅という方向に下っていった。そして直ぐに車が通れそうな幅広い道に下りた。そうしたら、またふたたび、私は道なりに、下るに任せて駆け足になっていった。トタン板の壁が現れ、畜産農家の堆肥の匂いが熱気とともに辺りを包んでいた。私は、何処にそんな体力があったのか、というくらいに、腕を振って過度にならない程度に走り続けた。

宮ノ平駅に着いて時刻表を見た。次の電車はあと五分くらいでやってくる。日向和田で乗らなかった電車の、丁度其の次の電車のようだった。青梅の隣駅だけあって、電車の到着間際には、徐々に客がホームにやってきた。私はベンチで麦茶を飲みながら、止まらない汗に塗れた顔を拭って、そしてまた砂漠の遭難者みたいに飲料を、喉を鳴らして飲み続けていた。

地元の乗客たちは、あまりにもむさ苦しい風体の私から不自然に離れて、間もなく到着するであろう電車を待っていた。孤独感を、私は何故か、感じなかった。

追記

二俣尾駅(8:00)---アタゴ尾根---日の出山---金比羅尾根---武蔵五日市駅(12:20)

8/8に再チャレンジ。日の出山迄誰にも会わず。頂上も閑散としていた。金比羅尾根に入ると自転車やトレランの人々とすれ違う。サロモンは足裏のダメージが殆ど無くて感嘆する。が、折角の平坦な梅ノ木峠とか金比羅尾根でも、走る気にならずやや速いペースで歩くばかり。五日市に下りたら右膝が妙に痛い。体力とは別に、根本的に何かが足りないという気がする。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック