断章的に。馬返からの富士山・初めての吉田口ルート

2017/8/5 馬返(11:20)---一合目・鈴原神社(11:50)---二合目・小室浅間神社(12:30)---四合目・御座石浅間神社(14:10)---佐藤小屋(15:25) 2017/8/6 佐藤小屋(0:10)---六合目(0:45)---七合目・花小屋(2:40)---東洋館(4:00)---御来光休憩(4:50)---八合目・太子館(5:25)---元祖室(7:25)---八合五勺・御来光館(8:40)---九合目(9:35)---富士山頂・久須志神社(10:05)---佐藤小屋(14:30) 昨年の夏休みに遂行できなかった、吉田口一合目からの富士親子登山を、漸く完遂した。次男...

» 続きを読む

五地蔵山から高妻山

高速バスで長野駅に、そして古びた車体の路線バスに乗り換えて、戸隠を目指す。此の行程は、昨年の飯縄山を訪れて以来、三度目である。二度目は昨年の十一月初旬のことで、此の時の山行は、結局のところ目的を達せずに撤退した。帰京してから、沈鬱の気分の儘、暫く山から遠ざかった。 戸隠連峰の十一月、私は其の自然の猛威に圧倒されて、目的だった高妻山に登ることができず、翌朝に下山したのだった。 粉雪の舞う戸隠キャンプ場を今回と同時刻の、午後一時半過ぎに出発すると、弥勒尾根の途上で暴風雪になった。其れに抗いながら、積雪を踏んで六弥勒に辿り着いたのは午後五時を過ぎた頃で、稜線上を通り抜ける風はいよいよ強烈になった。下...

» 続きを読む

霧降高原から女峰山(後篇)

午前四時にテントから這い出ると、空は薄っすらと青味掛かった程度だったが、珈琲を沸かして飲んでいるうちに、あっという間に夜が明けた。昨日は間断無く流れる雲間から、時折覗いていた女峰山であったが、今朝は明瞭に、眼前に佇んでいる。  此処、一里ヶ曽根独標から北西に迂回する尾根が、北側の尾根を収斂して、女峰山に連なっている。晴天の順光で眺める女峰山は、直ぐ其処に在るような気がする。私は、心静かにテントの撤収を終え、整地した場所に岩礫を戻して、小さな祠に手を合わせた。女峰山登頂の朝は、此れ以上に無い好天のようであった。 2017/5/29 一里ヶ曽根独標(5:30)---女峰山(7:05)(8...

» 続きを読む

霧降高原から女峰山(中篇)

いよいよ一里ヶ曽根の山稜に差し掛かると云う鞍部で、残雪が現われた。五月の日光連山を甘く見ていた訳では無いが、私は軽アイゼンを携行してこなかったことを思い出し、内心で少し不安になった。残雪は登山道の周囲を覆っているだけで、踏路は明瞭に土の道が続いている。私は進路を真北に、眼前に聳える標高2209mの、尾根の突端に向かって登り詰めていった。樹木は閑散となり、巨岩の点在する稜線に出ると、先程迄の青空と陽光はすっかり影を潜めて、周囲はふたたび、鉛色の霧の道に戻ってしまった。 ヤハズと記された古い木標を通過する。鋭利な山容を形容する矢筈の意なのかは定かではないが、ヤハズを過ぎて間も無く、湧きあがる霧の中...

» 続きを読む

霧降高原から女峰山(前篇)

蛇行しながら標高を上げていく山行きのバスの車窓が、緩やかに鉛色へと、彩度を落としていった。霧降高原キスゲ平のバス停で、少なかった全ての乗客が下車した。文字通りの霧の中である。天空回廊と名づけられた、延々と続く階段は、其の儘小丸山に登頂し、其の先には、日光連山、女峰山へと続く登山道に接続している。私は、相変わらずの幕営行の為の巨大ザックを背負い、時折小雨が降る観光用ハイキングコースの階段を登り続けた。1445段の階段は歩幅に丁度良い間隔で段が続いている。ニッコウキスゲの群落を眺めるには未だ早い時期であり、行楽日和とは云い難い天候にもかかわらず、大勢の観光客が、尾根を直登する階段を、往来していた。...

» 続きを読む

八丁山・お伊勢山・稲村岩(後篇)

穏やかな夜が更けて、存外に寝入るのが遅くなった所為もあるのか、私はテント泊では珍しく、朝になる迄熟睡し続けた。テントから這い出ると、kz氏は既に起床していたので、目覚めたばかりだが、早速身支度を整える心積もりになった。周囲の光景は、朧気に朝靄が漂う曇天である。健啖家のkz氏は早朝にも係わらずラーメンを作って食しているが、私は珈琲を淹れて紫煙を燻らせている。 充実の幕営が終わり、鷹ノ巣山に登頂する気概が、既に消え失せてしまっていることを我々は確認している。其れで、鷹ノ巣尾根を踏破して其の儘、稲村岩尾根を東日原に下山しようと云うことになっているので、朝食は空腹を覚えた時点で摂る、と云うことにした。...

» 続きを読む

八丁山・お伊勢山・稲村岩(中篇)

右手に現われた鹿柵が長く続き、其れに沿って尾根の上を順調に登り続けていた。標高991m付近は日原川に落ちていく支尾根が分かれる平坦地で、鹿柵は此処で其の支尾根に沿って下っていくようであった。穏やかに長い勾配を歩き続けてきたので、小休止をする。尾根は此処から斜度を厳しくさせていくが、幕営用の巨大ザックを背負っている我々は、其れでも疲労感を漂わせることもなく、淡々と登っていた。 途中で、ツキノワグマ生態調査用のカメラが設置されていると記された看板を見て、熊がいるのか、と、kz氏が俄かに賑やかになる。出会い頭で熊に襲撃された経験のあるkz氏の反応は過敏だが、止むを得ないだろう。いるのかなあ。いるから...

» 続きを読む

八丁山・お伊勢山・稲村岩(前篇)

電車が減速して、終点の青梅を告げるアナウンスが流れる。私は固唾を飲んで、接続列車の案内に耳をそばだてる。幸いにも、奥多摩行きの電車は程無く接続するようなので安堵した。其の途端、携帯電話のメール着信音が鳴る。奥多摩駅前は人混みの坩堝で、トイレは大行列。kz氏からのメールには、そう記されていた。本来であれば、乗車していた筈の「ホリデー快速おくたま一号」が、奥多摩駅に到着する時刻である。私は再度、遅刻を詫びる返信を送った。 2017/4/23 東日原バス停(10:10)---巳ノ戸橋---巳ノ戸尾根合流点(11:45)---991m---八丁山(15:00)---八丁山西側鞍部(15:20) 秩父鉄...

» 続きを読む

弟富士山、明ヶ指の卵水、清雲寺の枝垂桜。(後篇)

荒川に注ぐ立派な支流である安谷(あんや)川が、山深い渓谷を縫うようにして流れている。我々は弟富士山から車道を歩き続け、十二天神社から分岐した山道を下り、存外に立派な木橋が架かっていたので、無難に安谷川を渡った。 対岸の斜面を登ると、集落の集会所のような建物の側を通り、日野渓谷キャンプ場に至る林道に合流した。周囲は多彩な花が咲き乱れ、陽光に光り輝いている。長閑さを画に描いたような風景で、ぼんやりとした空気に包まれた儘、自分が何故こんな処を歩いているのか、だんだん判らなくなる。 人の気配の無いキャンプ場の敷地を通過すると、建造物の群れが、樹林の奥に窺えるようになって、明ヶ指の卵水が在る筈の、別荘地...

» 続きを読む

弟富士山、明ヶ指の卵水、清雲寺の枝垂桜。(前篇)

富士山と名づける御当地の山は幾多も在るが、弟富士山と云うのは珍しい。弟とは謙虚な響きにも感じられるが、二番手を主張する頑なさのようにも聞こえる。読み方は「おとふじやま」で、山麓には勿論、浅間神社が在る。標高は386mで、秩父鉄道、武州日野駅の直ぐ南側に、寄り添うように盛り上がっている。標高290m前後の武州日野駅から眺めると、余りにも近い所為か全容は判らず、雑木林のようにしか見えない。 前回の秩父行からひと月近く経って、kz氏とふたたび再訪することになった。前回の山行の途上で見た、「明ヶ指の卵水」の道標が気になると云うkz氏。地図で確認すると、安谷川に沿って山深く入ったキャンプ場付近に、其れは...

» 続きを読む

箱根レーダー局前から星ヶ山公園「箱根登山詳細図」踏査隊と歩く。

湯河原駅を出発した箱根町港行きバスが、藤木川に沿った県道の坂を登っていく。奥湯河原の温泉場を過ぎると椿ラインに入り、高原バスの趣になった。標高700mを超える芦ノ湖畔に向かっている訳なので、さもありなんとは思うが、車窓は既に相模湾や伊豆の山々を見渡す絶景である。歩き出す前に広がっていく大展望に、山登りにやってきた積もりの意識が、混沌として訳が判らなくなる。 標高867m地点の表記が地形図に記載されている、箱根レーダー局前と云うバス停で、MD氏の先導する「箱根登山詳細図」踏査メンバー全員が下車した。レーダー局とは、「箱根航空路監視レーダー局」のことで、航空機の飛行状況を把握する為に、飛行路を見渡...

» 続きを読む

若御子山・大反山

西武秩父の駅前で、朝陽の斜光を浴びて聳える武甲山を眺めながら、紫煙を燻らせていた。気持ちのよい好天である。今日も秩父鉄道に乗車するために、西武線の果て迄やってきた。ハイキングの為に秩父鉄道に乗り換えるなど、今迄は思いつきもしなかった行程だが、前回の釜伏山で憑き物が落ちたような気分になり、もう何と云うことも無い。徒歩で移動した御花畑の駅に、立ち食い蕎麦屋が二軒も営業しているので少し驚く。乗り換え時間に余裕があるので、掛け蕎麦を食す。濃厚で少し甘い蕎麦つゆの味に、何故か、遠く迄来たのだと云うような感慨が湧いてくる。 2017/3/19 武州中川駅(8:05)---若御子神社(8:25)---国見の...

» 続きを読む

皇鈴山・釜山神社・釜伏山(後篇)

埼玉県東秩父村と皆野町の境界線を、標高六百メートル程度の山々が縦断している。奥武蔵の山と同じように、此処北武蔵も山上に舗装路が整備されているので、自然の奥深い処に居ると云う感興は無い。皇鈴山から緩やかな起伏を繰り返して登山道を歩いていくと、県道361号が程無く合流した。尾根筋に盛り上がりが見えると、県道が左に、そして林道が右に、ふた手に別れて逸れていく。真ん中の道を登っていくと、左手に電波塔が現われて、程無く小高い山の頂上を判別できるような空が広がっていた。標高668mの登谷山である。 県道に沿ったハイキングコースを歩いてきて、通過点のひとつである此の山には、全く期待することなど無かったのだが...

» 続きを読む

皇鈴山・釜山神社・釜伏山(前篇)

土曜日の朝である。つい先程まで夜だった街の余韻が、払拭されない儘の気怠さに覆われているような雰囲気の、池袋駅西口は閑散と云うのとは少し違う、不思議な静けさを醸しだしていた。東武東上線の改札口に近い駅前の路上で、私は紫煙を燻らせている。自分がこれから山登りに行くと云うのが、とても不自然なことのように思えてくる。七時丁度の発車である、快速急行小川町行きに乗車すると、弛緩した空気の車内は、部活に勤しむ高校生と、巨大なゴルフバッグを抱えた中高年の紳士が散見される程度であった。ハイカー姿の徒は、全く見受けられない。 2017/2/26 打出バス停(8:40)---二本木峠(10:05)---愛宕山(10...

» 続きを読む

鳥屋山北尾根・斧窪御前山

倉岳山の北東尾根を登ってから、次はどうしようかと思案しつつ、高尾駅から中央本線の普通電車に乗車した。倉岳山周辺の地形図を携行して、目的を定めない儘出掛けてしまった。日常の些事に、気持ちが塞いでいる。其れが澱のようになって、身体の奥底に溜まっているような気がする。そんな心裡の儘、動き出した車窓を眺めると、昨日都心でも降った雪で、山々が薄っすら白く染まっていた。 電車が上野原を過ぎて隧道を越えると、陽光が山々の北面に遮られて暗い車窓に変わる。四方津を発車して、梁川駅に近づくと、風景はふたたび、朝陽が眩しい雪景色となった。御馴染みの梁川駅が、今朝は別世界のように美しい。そう思った瞬間、鳥沢駅から下畑...

» 続きを読む

«台ヶ岳「箱根登山詳細図」踏査隊と歩く。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

today

  • one day

twitter

  • naname's twitter
無料ブログはココログ

最近のトラックバック